【東京卍リベンジャーズ】243話。関卍メンバーそろい踏み!ーネタバレと感想ー



東京卍リベンジャーズ243話のネタバレと感想です。

前回のあらすじ


マイキーとドラケンとの過去の回想をして新たなチーム名を2代目東京卍會に襲名した武道!
続々とチームのメンバーも集まり、いざ関東卍會との一線に備える。

過去の東京卍會のメンバーも仲間を集め、マイキーとの最終決戦に備える。

東京卍會らしく、初めての決起集会はあのいつもの神社で行われ闘志を熱くする武道たちであった。


スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ243話のネタバレ!! -wide arry of-

東京卍會から宣誓布告!


二代目東京卍會から宣戦布告を受けたとマイキーに報告するココ。

マイキーもその名前に耳を疑う。そう自ら立ち上げ、自ら解散させたその名東京卍會だったからである。

そしてさらにココが総長は花垣武道と伝えると、「やっぱ…来たか…」とボソリつぶやく。


来るべき時がきたって感じです。覚悟してたんでしょうか…

スポンサーリンク

関東卍會メンバー!


関東卍會の構成員もここで判明。おさらいの意味でもさらっとご紹介します!


【副総長】三途 春千夜


マイキーとは幼少期からの仲で、口元の大きな傷は実はマイキーがつけたもの。


かなり忠誠心が強くマイキーを”絶対的な王”と慕っている。


かつて東卍の五番隊隊長のムーチョを兄のように慕っていたが、ムーチョがマイキーを裏切ったことで容赦なく切り殺しているヤバい奴。


現代でも梵天のNO.2となっていて、マイキーが闇落ちする原因ともいわれている。

明石武臣の弟で瓦城千咒の実の兄でもある。


【参謀】九井 一


通称ココ。


イヌピー(乾青宗いぬいせいしゅう)の幼馴染で黒龍から一緒に行動していたが、関東事変後に決別。


イヌピーの姉の赤音が好きで、火事で重症を負った赤音を助けるために金を稼ぐことに奔走する。


赤音が死んだあとも金を稼ぎ続け、その金を稼ぐ能力を欲しがる奴らに取り込まれるように転々としている。


【親衛隊長】鶴蝶


黒川イザナを支えていた天竺最強の男。


”喧嘩屋”とも呼ばれていて、マイキーほどではないが他を圧倒する強さを誇る。


実は武道と小学校の幼馴染。良心的な面も持ち合わせているが、現代では梵天のNO.3でもある。


【特攻隊長】灰谷 蘭


かつて六本木を束ねていた灰谷兄弟の兄。


極悪のS62世代が集った天竺の幹部でもあった。


鶴蝶と同じく、六波羅単代を経て現代の梵天の幹部になっている。


【特攻隊副長】灰谷 竜胆


灰谷兄弟の弟。兄の蘭と行動を共にしている。


兄とのコンビネーションを得意としており、関東事変では八戒とアングリーを圧倒した。(その後、泣いたアングリーに瞬殺されるが…)

こちらも兄と同じく現代の梵天幹部。


【幹部】望月 莞爾


通称モッチー。現代の梵天の幹部。


愛称はかわいいがその体躯から繰り出されるパンチは超強力。


呪華武の総長でその頃タイマンしたアングリーとスマイリーに完勝している。


S62世代で天竺の四天王の一角。関東事変では泣いたアングリーにリベンジされる。


【幹部】班目 獅音


S62世代で黒龍の九代目総長。


天竺の四天王で残虐な性格からイザナは”狂犬”と表現していた。


黒龍が一虎とモメた際の総長であり、かつて東卍を率いていたマイキーに完敗している。


あまり慕われておらず、荒師慶三に「黒龍の面汚し」と罵られていた。


【遊撃隊隊長】今牛 若狭


通称ワカ。煌道連合を率いていた総大将で通り名は「白豹」。


螺愚那六を率いていた荒師慶三と対立していたが、佐野真一郎によって2人とも黒龍の創設メンバーとなる。


荒師慶三とは「ワカとベンケイ」として最高コンビと呼ばれていた。


そのコンビは梵でも発揮されていたが解散後は関卍に吸収されたようだ。

【遊撃隊副隊長】荒師 慶三


通称ベンケイ。関東を仕切っていた日本最大のチーム螺愚那六を率いていた総長。


抗争の後、その巨体が返り血で染まることから”赤壁レッドグリフ”と呼ばれていた。


今牛若狭とともに黒龍の創設メンバーとなってからもコンビとして伝説になる。


【遊撃隊】半間 修二


芭流覇羅の副総長で稀咲鉄太の腹心。


手の甲に”罪”と”罰”の刺青が特徴的で何回目かの現代では橘ヒナを殺す人物の一人だった。

稀咲が死んでから墓参りに行く、といった仲間想いの一面も見せる。


【総長】佐野 万次郎


言わずと知れた最強マイキー。


武道はこの”最強”をぶっ飛ばせるのか⁉

とにかく最強マイキーの布陣は最強とも言えるメンバーばかりが集まっていました!


そのほとんどが後の梵天メンバーです。


そして決戦は9月9日旧湾岸貨物操車場にて大戦争が行われることとなりました。

決戦に向けて。


最終決戦当日、武道はヒナのところにいた。

ヒナに今までの感情を全て話す武道。

人生最後だと思われた日にタイムリープした武道は、なんでこんなことが起こるんだと泣きじゃくったことを打ち明ける。

最後にヒナの顔が見たくなって会いに来たことや、逃げてばかりの人生だったことも。

でも今はみんなの思いを背負っているから逃げない、と。


たしかにタケミッチはかっこよくなりましたよね。(∩´∀`)∩

しかしヒナちゃんは見破っていました。

ちゃんと口に出して言わないと心の中で大きくなってしまうよ、と優しい顔で武道に忠告した。

その言葉に武道は、、、

「怖ーい!!逃げてぇぇぇ!!」

「死にたくねぇぇ!!」


ありったけの声で心から叫んでスッキリした様です♪


さすがヒナちゃんです、タケミッチの事よくわかってます。(*´ω`*)



いざ!


武道は全て吹っ切れた顔で「行ってくる」と宣言して戦いの場に繰り出していきました。


二代目東京卍會の旗をかかげてバイクで決戦の地へと向かう。


一方、マイキー率いる関東卍會もマイキーの掛け声で出陣!


次回、決戦開幕‼東卍VS関卍‼




――次回へ続く――

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ243話の感想!!


ついに始まる最終決戦!!

東京卍會も粒揃いだが、関東卍會のメンバーは鬼畜すぎませんか?笑

梵の上層部も関東卍會に吸収されており、対等な戦いになるのかと少し疑問な部分があります。(;^ω^)

そこは千咒など力がすでに備わっているメンツがどうにかしてくるんでしょうね。

あとこれからはサウスの時みたいに戦いが一瞬で決着がつくのではなく、それぞれが持つヒューマンドラマをメインに長期的な内容になることを希望!!

サウス編がなかなか好きなキャラだったのに一瞬で終わってしまったのは、かなりショックでしたから……(T_T)

スポンサーリンク

そのサイト、安全ですか?


コロナ禍において、巣ごもりせざるを得ない状況が続いています。


そんな中、漫画などを違法にアップするいわゆる”海賊版サイト”の被害が過去最大になっているそうです。


海賊版サイトによる被害の例として、

・アクセスしただけでウィルスに感染する


・悪質サイトに誘導される


・個人情報を盗み出すフィッシング詐欺


・仮想通貨のマイニング(採掘)への強制参加


など主なネット被害の温床になっています。


私も実際アクセスしてみたときは速攻でセキュリティアプリが警告してきました。


スマホの動作が遅くなる、おかしな動きをする、バッテリーの消費が激しいなどの症状は危険信号です。

アカウントの乗っ取りや口座番号の抜き取りなど、個人情報の流出被害もあるので怪しいサイトは絶対に利用しないようにしましょう。

安全に東京卍リベンジャーズの最新刊やアニメ、映画まで見られるサイトとは?


私がおススメするのはU-NEXTです。

U-NEXTならいつでも好きな時に東京卍リベンジャーズが見られます。

しかも31日間無料で‼

最新刊はもちろんアニメや映画も見られるので断然お得です!

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>



スポンサーリンク

前回の話が気になる方は!!


226話227話228話229話230話
231話232話233話234話235話
236話237話238話239話240話
241話242話243話244話245話
246話247話248話

コメント

タイトルとURLをコピーしました