【キングダム】最新787話のネタバレ考察予想‐気が利く男‐



最新787話 ネタバレ考察予想&感想とまとめ



スポンサーリンク

787話 ネタバレ考察と予想


前回あらすじ


司馬尚本軍を後ろから攻撃した倉央軍と田里弥軍により、司馬尚軍の足は多少緩まりました。


すかさず王翦が刺客を送りますが、司馬尚はまったく意に介していない様子。


そして、糸凌とジアガ・カンサロの戦いは、糸凌が防戦一方なものの起死回生の一撃で反撃に転じます・・・



ジアガはまだ討てない


786話の最後で、糸凌の振り向きざまに放った攻撃がジアガの首元にヒットしました。


そのままの軌道だとジアガの首が飛ぶことは間違いありません。


しかし、青歌一の剛将と言われた武将がそう簡単に討ち取られるでしょうか?


しかも「これから本気を出す」という発言をした後でです。


残念ながら糸凌の意表を突いた攻撃は傷を負わせたものの、致命傷にはならずジアガの反撃を受けてしまうと予想。


ジアガの潜在能力は蒙武に匹敵すると思われます。


糸凌も十分強いのですが、さすがに格の違いを見せられることになるでしょう。



田里弥の側近の実力


田里弥の側近である山秀と申赫楽。


山秀は以前から登場しており、モブながらも“不死身”という異名を持っています。


申赫楽は雰囲気イケメンという感じで、強そうな感じはありますが、これまで登場したことはありません。


側近3人衆の1人はあっけなくやられていることから、2人の武力もそこまで高くはないと予想。



申赫額は糸凌とタメ口だったので同格かなと思いますが、実力には大きな開きがあるとみていいでしょう。


1人でジアガとカンサロを抑えていた糸凌とは違い、申赫楽カンサロの攻撃を1回受けただけで吹き飛んでいました。


ジアガと糸凌、カンサロと申赫楽・山秀という展開になりましたが、田里弥の側近の2人は1話で終わってしまう可能性が高いと思います。



青歌の火とは


786話で強調された“青歌の火”


この青歌の火とはいったい何を指しているのでしょうか?


青歌は、三大天候補となった司馬尚が筆頭にいますが、実際は三大天就任を断っています。


そして、カンサロとジアガ、そして楽彰という優れた武将もいます。



趙には、紀彗・李白・公孫龍・馬呈といった武将がまだ残っていますが、カンサロとジアガは完全にそれ以上の風格あり。


もしかすると、中央の邯鄲よりも青歌の方が強いかもしれないということです。


龐煖という武の頂点がいなくなったこと、李牧が青歌に来たこと、そして中央よりも強いかもしれない青歌。


つまり、青歌とは自らを1つの国として考えているということです。


「王翦と一緒にお茶すれば戦争などしなくても済む」という発言は、王翦が自分で国を作りたいという考えを知っているからではないでしょうか。



王翦はどう動く


王翦は、今や中華でも三本の指に入るくらいの智将です。


そんな王翦が、ただやられてしまうということは考えにくいですよね。


虚をつかれて本陣が攻め込まれてしまいましたが、横から関常そして背後から倉央・田里弥に援護され、ついに司馬尚の足が緩みました。


そこを見逃す王翦ではないはず。



王翦が繰り出す作戦とは、“このまま兵を削る”という戦法です。


自軍が下がれば司馬尚は追ってきます。


司馬尚は後退すれば王翦本軍の追撃を受けるので、下がることはないでしょう。


つまり
司馬尚を孤立させることができ、かつ兵を削り続けられるということ。



もし自らが国を作りたいのであれば、総大将の首よりも配下の兵たちの方が大切です。


趙のために敵将を討つかわりに自軍を半壊にさせるというのは割に合わないはず。


王翦と司馬尚が近い考えを持っているからこその戦法だといえますね。


司馬尚の背後から田里弥という智将と、横から秦軍一気が利く関常が援護に来ていることで、王翦の作戦にうまく呼応してくると予想。



次話予想


787話の予想。


糸凌の意表をついた攻撃は致命傷には至らず、ジアガの反撃を受けてしまいます。


その反撃によって糸凌は、立ち上がれないレベルの負傷をしてしまうでしょう。


申赫楽と山秀の2人は足止めもできず、一瞬でやられてしまうと予想。



王翦の援護に向かった倉央は、後ろの糸凌が気になりつつも、司馬尚をそのまま追い詰める選択をとります。


しかし、次第に司馬尚を挟撃していた効果も薄まり膠着状態に突入。


そこで司馬尚の圧倒的な武力が披露される展開となります。



スポンサーリンク

787話 感想とまとめ★


不死身の山秀が異名通りに活躍するのか、それとも瞬殺されるのか。


キングダムで今一番気になることです 笑


モブ臭がすごいので瞬殺じゃないかと予想していますが・・・



王翦が放った刺客もこれまで登場したことない微妙なキャラだったんで瞬殺の予感。


飛信隊でいったら、我呂や楚水に「龐煖やってこい」って行かせるようなものでは?


王翦にはもう策がないのか?それともとっておきの策があるのか?


次回は休載のようですが、楽しみに待ちたいと思います!





ランキングに参加しているので、よかったらクリック応援お願いします(__)

コメント

タイトルとURLをコピーしました