【キングダム】最新786話のネタバレ考察予想‐不死身の山秀がカギ‐



最新786話のネタばれ考察予想と感想とまとめです



スポンサーリンク

786話のネタバレ考察予想


前回までのあらすじ


王翦軍所属の将校である倉央と、当時傭兵団の一員だった糸凌の出会いは戦場でした。


倉央はひたすらアタックし自分の女にすることに成功、そして「死が二人を分かつ時までずっと一緒」と誓いを立てます。


主君である王翦と愛する人である糸凌との間で揺れる倉央ですが、歯を食いしばり王翦の救援に向かうことを決意しました・・・



さすがに無理がないか?


糸凌がカンサロとジアガを止め、倉央は王翦救出に向かいました。


しかし、いくら糸凌が強くても青歌でもトップクラスの2人相手はできないと思われます。


どれだけ時間を稼げるのか?という戦いになるのではないでしょうか。



糸凌が片目だけで戦っていることは判明していますし、さすがに二刀流だとはいえ無理ゲーです。


倉央が反転して戻ってくる可能性もありますが、それでも生き残るのは難しいですね。



覚悟を決めた2人


青歌武将を足止めし倉央を見送った糸凌、歯を食いしばって王翦救出に向かった倉央。


「この戦いが終わったら激しくお前を抱く」


そう倉央は言いましたが、2人とももう叶わない願いだということはわかっている様子でした。


倉央も相手の力量を目の当たりにしていますし、普段から見ている糸凌の強さもわかっているはずです。


兵の数でも個の武力でも負けている状態なので、生き残れる可能性は限りなく低いことは理解しているでしょう。


あっさりと描かれましたが、もう生きて2人が出会うことはないと予想します。



不死身のあの人が活躍する?


申赫楽山秀という、田里弥軍の武力に長けた2人が糸凌の援護に向かいました。


武力ではなく知力で戦うタイプの田里弥において、この2人は矛となる武将たちです。


しかし、もう1人武力自慢の蛇輪公という武将がいましたが、すでに司馬尚に一刀両断され見せ場なく戦死しています。


なので、この2人も“普通よりは強い”というレベルなのではないでしょうか。


とてもじゃないですが、糸凌VS.カンサロ・ジアガの戦いにはついていけないと思います。



ひとつ希望があるとすれば、1人が“不死身の山秀”と言われていること。


もしかすると、この山秀が大活躍するかもしれません。


どんなに攻撃を受けても立ち上がってくる能力というのは足止めには最適といえます。


一刀両断されたら不死身かどうか関係なくなりますが・・・


ともかく、糸凌が生き残れるかどうかは山秀の出来にかかっていると予想。



それでもなお・・・


(たぶん)武力が高い倉央と、知力の田里弥とで、司馬尚軍を背後から攻撃しました。


陣形や相手の弱点、さらに現状の把握などは田里弥が担い、田里弥の指示の元で武力を発揮するのが倉央という役割分担だと思われます。


しかし、未だ全力を見せていない司馬尚の実力は一体どの程度なのでしょうか。


司馬尚軍は正面に王翦、側面に玉鳳隊、背後に倉央と田里弥という挟撃にあっています。


正面と側面からの攻撃ではビクともしていませんし、作戦的に包囲されるのは事前にわかっていたはず。


つまり、それでも王翦を討ち取れると踏んでいるのでしょうね。


今回の戦いでは、李牧と双璧をなす総大将的な立ち位置ですから。


なので、王翦軍幹部達が必死になって行動していますが、それでも司馬尚の武力が上を行くと予想。



李牧の移動先


李牧の移動先、それは趙軍右翼だと思います。


中央は司馬尚や楽彰・カンサロといった指揮をとれる武将がいて、さらに全員青歌城の武将という構成です。


なので、あまり手を加える必要がないと李牧は考えるのではないでしょうか。



赤麗城や宜安城をとられた経験から、番吾城も警戒するのは当然のことだと思います。


つまり、そういった展開も含めて李牧は趙右翼にいた方が早く行動できるはず。


しかも中央の青歌と同じく、趙右翼は李牧を含め雁門出身の武将で固められています。


李牧は楊端和軍を足止めしつつ、番吾城の罠を発動しやすいよう趙右翼に移動すると予想。



次話予想


次話786話の予想。


司馬尚の背後から突っ込んだ倉央と田里弥。


倉央軍の勢いと田里弥の戦術により攻勢を強めますが、司馬尚本軍の強さも相当のため状況の打破まではいきません。



時を同じくして、飛信隊が秦右翼に戻ります。


信と河了貂はすぐさま隊を編成し、中央の戦いに向けて出発。


しかし、3方向からの挟撃を受けている司馬尚軍が秦軍を徐々に圧倒し始めます・・・



スポンサーリンク

786話の感想&まとめ


引き抜くことで有名な王翦ですが、どうやら倉央は生え抜きだったようです。


なので、先に王翦で後に糸凌という順番に出会っていたのですね。


究極の二択を迫られた倉央がちょっとかわいそうでしたが、ここは戦場なので致し方ないところでしょう。



強さバランスがおかしくなってますけど、“あの青歌の”とか言うくらいだから、カンサロとかもっと強くてもいいと思うんですけどねー。


時系列的には糸凌が秦軍に
入ってから結構経っているのに、糸凌の武勇は中華に知れ渡っていないわけですし・・・


これでカンサロとジアガの2人に勝つようなことがあれば、ちょっと強さランキングがバグってきますね 笑





ランキングに参加しているので、よかったらクリック応援お願いします(__)

コメント

タイトルとURLをコピーしました