【キングダム】最新756話のネタばれ考察予想‐新戦力の紅春‐



最新756話のネタばれ考察予想と感想まとめです



スポンサーリンク

前回のあらすじと756話のネタばれ考察予想


前回のあらすじ


飛信隊と倉央軍が趙軍の包囲をあっさりと破り、数日後には楽華軍も戻ってきました。


それぞれが帰路に就く中、桓騎一家の生き残った者たちも新しい目標に向かって動き出すようです


元桓騎一家が前を向いて歩きだそうとしているのに対し、「信だけが前を向けていない」と摩論が話し始めましたがその真意とは…。



桓騎一家残党の飛信隊加入は見送り?


摩論は桓騎一家の残党をまとめ上げ、お金で動く傭兵団を結成するとのこと。


砂鬼一家は摩論と行動を共にせず桓騎と過ごした聖地に帰るようです。


どちらも飛信隊には加入しないようなことを言っていましたが、砂鬼一家の医療技術は飛信隊にとって是が非でも欲しいものだと思います。


特に河了貂あたりは、軍師として喉から手が出るほど欲しいと思っているのではないでしょうか。


負傷した指揮官級を死なせずに復活させる医療技術は、当時としてはチートであるといえます。



また、一度傭兵団を結成した摩論も最終的には飛信隊に加入することになると予想。


信「もうお前らこのまま飛信隊に入れよ!」


同じ戦場で戦った後にこんな感じになると思います。



忘れてはいけないオギコは摩論軍に入らずに飛信隊に加入することになるはず(願望)


もちろん、抜群の記憶力と絶対に伝えることのできる伝令係としてです。



そして、こっそりと生き延びていた氾善は自ら蒙恬に話しかけていましたが、これは楽華軍に入るというフラグなのかもしれません。


たしかに井蘭車(紅春)は、飛信隊よりは蒙恬のいる楽華軍のほうが上手く扱えそうです。



摩論・砂鬼一家・氾善・オギコはこんなところで消えていい人材ではないと思っていますので、期待を込めて飛信隊と楽華軍に加入して欲しいですね。



桓騎に対する信の想いとは


摩論に「信が桓騎の死を一番悔しがっていて前を向けていない」と言われてしまいました。


信は三百人将の時代に、同じ秦軍でありながら略奪をしていた千人将を切り伏せています。


これは、信と略奪の限りを尽くす桓騎は正反対の考え方をしているということですよね。



その信だけが最後まで桓騎の死から立ち直れていません。


つまり、信はそれだけ“桓騎のことを認めていた”ということではないでしょうか。


想像もできない戦法で先を読み、最終的には犠牲を最小限にして勝ち続けていた桓騎。


やっていることは非情で非人道的だが、戦果だけ見れば誰も真似できないレベルでした。


自分の正義とは真逆にいながら勝ち続ける桓騎に対して、矛盾を感じながらも尊敬していたと思います。


そして、桓騎のさらにその上をいった李牧に対して、信は自分の力のなさを痛感しているはず。


矛盾した尊敬と自信の喪失が、今の信の心境であると予想。



蒙豪との運命の出会い


蒙豪との出会いが桓騎の運命を大きく変えたことがわかりました。


野盗団をやっていてもこのままでは先がないと思っていた桓騎に対し、アプローチをかけてきたのが蒙豪という組み合わせが奇跡です。


他の武将であれば誘ってくることもないだろうし、そもそも桓騎一家が軍門に下るという選択もしないでしょう。


最初から蒙豪が登用するつもりのわけはないですが、秦にとって蒙豪にとって桓騎にとってwinwinな出会いでした。


もし蒙豪が野盗団に討たれていれば、秦にとって恥になるのでさらなる軍勢を送りこんできたはず。


つまり、桓騎も野盗団のままで終わっていたということだとです。



羌瘣が将軍に昇格!?


この度の戦いで秦が大敗し、桓騎一家の幹部をはじめ多くの指揮官クラスが討ち取られてしまいました。


秦としては中華統一を果たすため、新たな武将を育て上げなければいけません。


そして次世代の武将候補となるのが、飛信隊の羌瘣・楽華軍の愛閃・玉鳳隊の亜花錦です。


その中でも羌瘣と愛閃の実力はすでに将軍クラスではないでしょうか。


武力ももちろんのこと、知力や統率力ももちろん持ち合わせています。


将軍に上げられない可能性としては、“今回敗戦していること”“信LOVEや蒙恬LOVEすぎる”ということ。


「どうせこいつら将軍にあげても独立して戦うことはないだろうな」って思われて選考から除外されてしまうかもしれませんね。



壁は?風范は?


信や蒙恬がそのまま帰ってきたことで、壁や風范はどうなったのでしょうか?


これから一体誰が救出するのか、見当がつきません。


捕まったのが趙北東部であることから、一度全員が秦国に戻ってしまった今、救出するのは至難の業である気がします。


壁といえばメインキャラといっても過言ではないですが、それだけに亡くなる描写があっさりなわけはなく、これからも登場してくることが予想されます。


もしかしたら数年捕虜にされるパターン?


さすがに自力で戻ってくるのは現実的ではない気がしますが。


次の番吾の戦いまで救出は持ち越されるということなのでしょうか…。



スポンサーリンク

756話の感想とまとめ


なんか次の戦いの話になりそうなんですけど、砂鬼一家に来る前の桓騎の話は??


まさか触れられずに終わるなんてことないですよね!?!?



なんの脈絡もないですけど、そろそろ信って結婚とかする話があってもいいかも。


フラグはなんとなくあったし。


やっぱりお相手は○瘣さんですよねー…。





ランキングに参加しているので、よかったらクリック応援お願いします(__)

コメント

タイトルとURLをコピーしました