【キングダム】719話のネタばれと感想 ー錐型の陣ー



キングダム:719話のネタばれと感想です。




マンガのアプリって使っていますか?

いつも持ち歩いているスマホにダウンロードしておけばいつでも読むことができますよね😁


アプリを選ぶポイントはズバリ“読みやすさ”!!

おすすめはシャープが運営する「COCORO BOOKS」です♪


会員登録無料なのでお試しください▼▼

COCORO BOOKS



スポンサーリンク

キングダム:719話のネタばれ

前回のあらすじ


予想通り右翼の飛信隊がいなくなったことで桓騎本軍は大いに削られることとなった。


これに対し桓騎は自軍の幹部を動かすことはなく秦北東部軍を当てることを選択。


秦北東部軍は僻地のため、中央の戦に参加する機会は少なく今回の戦いにかける意気込みが強い。


しかし士気の高さでは趙軍に負けていないものの数で圧倒的に負けているため、秦北東部軍も大いに兵を失うこととなった。



そして右翼を放棄し左翼に移った飛信隊は楽華軍と共闘し、要所要所で圧倒し始める。


対する李牧が出した対策は新手を送り込むこと。


その新手とはもちろん大軍だが、青歌城から来た将軍である“楽彰”“上和龍”もいる。


蒙恬と信を先頭に錐型の陣で突破を試みようと蒙恬が提案する。


蒙恬「あの軍を突き抜けて、この李牧の“籠”の外に出る!」



役割分担


共同で錐型の陣を形成していた飛信隊と楽華軍だが自然と役割分担が出来ていた。


楽華軍は左、飛信隊は右で先頭は蒙恬と信、そして中央は羌瘣が見ることに。


錐型の陣は先頭が強くないといけないため、士気のことも含めて将軍2人を先頭に配置し、全体のバランスを見ることが出来る羌瘣を中央に配置。


お互いの軍がいい意味で煽り合い陣を形成していた。



一方、李牧は秦左翼の動きを高台から見ていたが、囲いから出る狙いだと気づいていた。


しかし、相対するのはあの青歌から来ている将軍である。


李牧「簡単には脱出できませんよ、見せてもらいましょう、青歌の力を」



錐型の陣に対抗するには?


青歌の将軍は“楽彰”“上和龍”の2人だ。


知力に秀でた楽彰と武に秀でた上和龍といったところ
だろうか。


楽彰「上和龍、知っていますか?あの錐型突破の最も屈辱的な破り方を」


そう言って不敵に笑う楽彰。



錐型の陣が完成し突撃を始めた飛信隊と楽華軍。


楽彰がとった行動とは、なんと“同じ錐型の陣で対抗する”ということ。


この場合、先頭のぶつかりで双方ともかなりの被害が予想される。


蒙恬も河了貂もこれは予想していなかったが、信も蒙恬も後ろに下がることも出来ず、激突に巻き込まれることになった。


李牧「そんな止め方を試みるとは思っていた以上に苛烈なのですね」



激突する両軍


楽彰のとった錐型の陣に錐型の陣をぶつける策に対し、飛信隊と楽華軍の両軍とも、先頭を走る信と蒙恬の前を固めようとする。


飛信隊は飛麃が信の前を固めようと動いていく。


信「余計なことをすんじゃねェ、岳雷」

我呂「余計なことじゃねェだろバカ」


そしてついに激突する両軍。


お互い引くことの出来ない突撃の陣である“錐型の陣”


両軍の先頭が激しくぶつかり次々と吹き飛んでいく!


信も
もちろん激突巻き込まれ落馬するも無事だった。


蒙恬もなんとか最初の激突を乗り切ることに成功。



岳雷が先頭に出るも・・・


乱戦になり信が落馬したことで盾になろうと飛麃を率いて前に出る岳雷。


しかし我呂が何か不穏な空気を感じとり、あまり前に行きすぎないよう諫める。


我呂「前は俺ら若いのがやる、この敵は何か・・・」

岳雷「ぬかせ、2・3しか変わらぬ」


そう言った岳雷の前に、青歌の将である上和龍が現れた!


屈強な兵であるはずの飛麃を、一刀だけで4人の胴体を真っ二つにする上和龍。


我呂は必至で岳雷を引き留めるが、すでに上和龍は目の前にいるため応戦するしかない・・・


向かっていった岳雷だが、同じく上和龍の一刀によりやられてしまう。



信VS.上和龍


あまりにも圧倒的な武を前に何もできなかった岳雷。


士気が下がってしまった飛麃の兵達。


上和龍「そう気に病むな、どうせお前達も1人残らずここで死ぬのだからな」


我呂が感情任せに上和龍を討とうと突っかかる。


信「どいてろ我呂っ、てめェよくもっ」


我呂を制止し上和龍と一騎討ちに入る信。


信の怒りに任せた一撃は上和龍に受け止められたが・・・



キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


キングダムのネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も240,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

動画を見るならU-NEXT

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:719話の感想


あまりにも突然の岳雷の死。(描写的にまず助からないでしょう)


これにはまったく予想もしていませんでした。


合従軍の時からの付き合いだった岳雷は、おっさんかと思いきや少し年上なだけだったようです。


最初は麃公将軍の後を追おうとした決死隊だったが、嬴政に止められその後飛信隊に加入。


そこから屈強な部隊“飛麃”として飛信隊をずっと支えてきました。


松左といい最近は飛信隊のメインの人たちもやられてしまうこともあって少し寂しいですよね。


戦争の話だから仕方がないとはいえ、史実に登場しない隊員たちは死ななくてもいいと思います!!





スポンサーリンク

719話の考察と予想


ここからは先週にアップした719話の考察と予想です。


桓騎の動き予想


強大な軍となった左翼の心配はいらない。


右翼は士気の高い秦北東部軍を当てたとはいえ、圧倒的兵力差は変わっておらず、しかも戦場慣れをしていない。


そのため押し込まれる展開になるが、やっとのことで桓騎が動き出す。


楽華軍や飛信隊と同じように騎馬隊の厘玉隊を出撃させ横や背後から挟撃させる。


狙いは戦力の分断をはかることで、秦北東部軍が押し返す隙を作るためだ。


膠着状態になれば左翼が打開する時間を稼ぐことが出来る。



飛信隊と楽華軍の動き予想


新しく登場した青歌城から来た将軍2人の実力は未知数である。


錐型の陣形を選択した蒙恬としてはここで足止めを食らいたくはないはず。


足を止めて敵将と対峙しそうになっている信を諫め、そのまま突き抜けるように指示を出す。


まさか突破を仕掛けて来るとは思ってもいなかった趙将は面を食らってしまい突破を許してしまう。


抜かれた趙将がとった行動は、その二軍を追うことなくそのまま残った左翼を殲滅すること。


突破した二軍はそのまま戦場を大きく迂回する形となるものの李牧から見えない所に位置取ることとなった。


大将2人がいない状態の秦左翼が持ちこたえられるかどうかが勝負のカギとなりそうだ。


おそらく羌瘣と愛閃の副長コンビで対抗することとなるだろう!



次は壁が登場する!?


718話では登場しなかった壁。


依然として正面からの圧力は凄まじいはずである。


後ろに後退した壁だが、軍まで下げることはできない。


しかも秦北東部軍が右翼に寄ってしまったため、壁軍で正面の敵を対処するしかない状況に。


左翼に注目が行く中で幾分圧力が弱まることが予想されるが策なしではどうしようもない。


将が後退した壁軍はさらなる押し込まれる展開になると予想。



全体の考察


本能型ではない李牧は、麃公のように成長している信の動きの予想ができないでいる。


しかも知将の蒙恬と組み見えないところに移動しようとしているため困惑するだろう。


桓騎は左翼の動きを見守りつつ右側をケアする流れになる。


壁軍と秦北東部が押し込まれつつも最後のところで崩されないようにして左翼の状況打開を期待する流れになると予想。


しかし準備期間があった李牧はこの展開まで想定している可能性もあり、秦右翼に馬南慈や舜水樹を送り込んで短期決戦を挑んでくるかもしれない。


桓騎としては正攻法での力技で来られるのが一番嫌だと思われる。



スポンサーリンク

キングダム:719話の予想まとめ


新しい展開が始まりそうでわくわくしますよね!


新しく登場した青歌城の将軍2人がどう立ち回るかで今後の動きが決まります。


まだまだ登場していない舜水樹や馬南慈、カイネや傅抵などの武将もたくさんいますのでどこで登場するのかも気になるところ。


落ち着いて動かない桓騎がどんな手を打ってくるのかも非常に楽しみですよね。


この宜安の戦いは最後秦が敗れることになるので、桓騎の過去なども語られると思います。


個人的にはこれまでで一番楽しみな戦いかもしれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました