【キングダム】718話のネタばれと感想 ー共闘の力ー



キングダム:718話のネタばれと感想です。




マンガのアプリって使っていますか?

いつも持ち歩いているスマホにダウンロードしておけばいつでも読むことができますよね😁


アプリを選ぶポイントはズバリ“読みやすさ”!!

おすすめはシャープが運営する「COCORO BOOKS」です♪


会員登録無料なのでお試しください▼▼

電子書籍 「COCORO BOOKS」



スポンサーリンク

キングダム:718話のネタばれ

前回のあらすじ


右翼の役割を捨てて移動した飛信隊が向かったのは左翼の楽華軍であった。


その結果、圧倒的な兵力を前に全面苦戦していた盤面から、秦軍にとって“優勢な場所”が生まれることとなった。


しかしそのセオリーにない奇抜な行動の代償はある。


右翼をそのまま左翼に移動させてしまったことで、桓騎本陣の右側が無防備になってしまっていることだ。


桓騎はどこにも援軍を送っていないのは“送っても無駄だから”と思っていたから。


李牧は飛信隊が抜けた所を容赦なく攻撃してくるつもりだ。


今度こそ桓騎が動くのだろうか・・・



削られる桓騎本軍


摩論「来たっ来たぞっ、右の壁を厚くしろっ急げェっ」


飛信隊がいなくなった右側から桓騎本軍に襲い掛かってくる趙軍。


開戦から間もなく本軍が襲われる事態に大慌ての摩論。


圧倒的な兵力差があり士気の差も歴然としている中で、互角の戦いにはならず大いに削られる桓騎本


予備隊もすでに投入しているがそれでも数はまったく足りていない。



共闘する飛信隊と楽華軍


左翼に来ていた信と蒙恬からも本軍が右側からやられているのが見える。


信「放っとけ、ムカつくが桓騎はバカじゃねェ、それよりも今は俺達だ」


結局は桓騎本軍の命運も、ひいてはこの戦いの勝敗もこの左翼にかかっていると言っても過言ではない。


蒙恬「まずは二隊で共闘して左の局面をひっくり返す」



右翼の正面で孤軍奮闘する楽華軍随一の武力を誇る愛閃だが、疲労が限界のようでかなり苦戦していた。


そこに飛信隊副長の羌瘣が加わってきた。


愛閃「こちらの隊を立て直すまでしばらくそちらの力に頼るがいいか」

羌瘣「もちろんだ、そのために来た」


羌瘣隊の歩兵を愛閃隊の苦戦している所に当てて、騎馬隊が敵の背後から挟撃を繰り返して援護していく作戦だ。


笑顔で返事をする羌瘣を見て“あの娘を蒙恬に近づけてはいけない”と思う愛閃。



兵力差がありすぎたせいで出撃できていなかった楽華軍騎馬隊の陸仙隊。


飛信隊が来たことで出撃して外で戦えると喜ぶ陸仙の所に飛信隊の那貴が加わってきた。


那貴隊の姿を見て違和感を感じる陸仙隊に那貴は元桓騎軍だと伝える。


陸仙「元ってのは別にどうでもいい」


乱戦の外から敵の継ぎ目を狙い戦力を半減させる戦略と意見が一致する2人。


そして先頭を陸仙、援護に那貴と役割を分担し突撃体勢に入る二隊。



秦北東部軍を束ねる風范将軍


早くも危うくなっている桓騎本陣。


いつものように慌てる摩論と冷静な桓騎。


厘玉を動かしてもいいか桓騎に聞くがまだ早いと止められる。


摩論「早くないですよ、てか遅い。本当にもう・・・」

桓騎「こんな時のためにきたんじゃねェのか?あいつらは」


あいつらとは秦北東部軍のことを指していた。


そしてすぐさま秦北東部軍の将軍である風范に右側の敵に突撃せよとの命令が桓騎より下る。


中央の戦いの話をいつも聞いていただけだった秦北東部軍は、この戦いに参加できることを誇りに思っているため将軍の風范同様に兵士の士気は高い。


秦北東部軍にとって六代将軍の桓騎は英雄なのである。


風范「秦北東部の漢達よ、今こそ我らの力を示す時ぞ」


秦北東部軍・趙軍ともに士気が高いこの戦いは凄まじいものであったが、数で勝る趙軍により秦北東部軍の兵は次々とやられていった。



共闘の効果


飛信隊が加わった楽華軍の各地は敵を圧倒し始めていた。


これは単純に数が増えただけではなく共闘が力を発揮している。


三百人隊から張り合ってきた両軍だからこその力だと信と蒙恬は言った。



これを見た趙将は慌てて李牧へ報告するが、李牧自身はというとまったく慌ててはいなかった。


李牧のとった行動とは新手を秦左翼に投入するということ。


その新手はもちろん大軍だが、さらに将軍として青歌城から来た“楽彰”“上和龍”がいる。


趙の国にとっての東側の要所である青歌城から来た2人の将軍の力は未知数だ。


蒙恬「信、今度は俺に任せるか」

信「・・・もちろんだ」


蒙恬「両軍で1つの矢となり、あの軍を突き抜けてこの李牧の“籠”の外に出る!」


蒙恬の考えている戦略とは、楽華軍と飛信隊で錐型の陣を組み、先頭を信と蒙恬として新手を突き抜けるというものだ
った



キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


キングダムのネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も240,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

日本最大級のビデオオンデマンド

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:718話の感想


本軍がやられているにもかかわらず桓騎軍はまだ動こうとしませんでした。


秦北東部軍がいるからではあるのですが、その余裕は一体どこから来ているのか?


毎回ですが摩論1人で大慌てです 笑


そして局地的ではあるが圧倒し始めた飛信隊と楽華軍。


まあこんなにタレントが揃っていればね!という感じです。


しかも最後の蒙恬のあのセリフ!!


“李牧の籠の外に出る”とは!?


これは新しい展開の予感がしますよね。


しかし相手は青歌軍の将軍2人ですから未知数ですけど、知力の蒙恬・武力の信とお互いすでにかなり上位のレベルなのであっさり終わる展開もあるのかなと思います。





スポンサーリンク

718話の考察と予想


ここからは先週にアップした718話の考察と予想です。


今後の壁の動き予想


部下やナジャラ族の進言により壁自身は後退したものの前線の状況は一切変わっていない。


しかも右翼がごっそり抜けてしまっているから、桓騎本陣よりも状況的にはきついかもしれない。


信のような“本能型タイプ”でも、蒙恬のような“知略を張り巡らすタイプ”でもなく、“兵法書の知識を蓄え忠実に実行するような生真面目なタイプ”の壁。


侵略戦争であるため攻める立場のはずが、始まってみれば圧倒的兵力差で待ち伏せされていた。


しかも考える余裕もなく開始早々押し込まれてしまい、攻めるのか守るのかどっちつかずになっている。


信の大胆な行動を見た壁は、呪縛から解き放たれたかのように覚悟を決めて行動を開始する。


その行動とは後方の秦北東部軍と協力し中央・右翼と防衛線を張るというもの。


いざ守ると決めてしまえば、兵法に明るい壁はいくつものやり方を知っているはずだ。


信・蒙恬に攻撃を任せ事態が好転するまでひたすらに守り通すことを決意した壁。



今後の桓騎の動き予想


信の行動を見た桓騎はついに動き出す。


左翼に戦力が集中し優勢な場所が出来たことに対し、さらなる戦力の上乗せを計る。


なんとゼノウ一家を左翼に移動させたのである。


つまり一大勢力となった左翼を今後の展開の軸とする作戦に出たということ。


しかし空いた右翼の方から趙軍が押し寄せてくるから右翼には初めて援軍を送ることに。


壁と秦北東部軍が作った防衛線に対し、自身の判断で動けて遠距離攻撃が得意な黒桜一家を援軍に向かわせた。



今後の信・蒙恬の動き予想


信・羌瘣・羌礼・愛閃・ゼノウと凄まじい武力を誇る面子が揃った左翼。


指揮系統として蒙恬河了貂もいる。


今後はこの左翼から戦場を盛り返していくことになるが、兵力差が埋まったわけではなく左翼以外はさらなる窮地が予想される。


李牧が虚をつかれている間に行動しないといけないことも含めて、短期決戦で臨まなくてはならない。


狙うのは副将である馬南慈と舜水樹の2人の将軍。


いきなり李牧を狙うことは出来なくても、前線に出てきている将軍なら討ち取るチャンスがあるはず。


圧倒的武力を誇る馬南慈と、李牧の命令を忠実にこなす舜水樹を討ち取ることが出来たなら逆転するきっかけになるかもしれない。


いかに李牧とはいえ30万を超える兵力を1人で統率するのは難しいからだ。


特に舜水樹を討つことが出来たら大きな転機となるに違いないだろう。



スポンサーリンク

キングダム:718話の予想まとめ


大胆に戦略を予想してみました。


一体空いた右翼どうするんでしょうね!?


紀元前の戦だから詳細は残されていないので、原先生がどう描くのかわくわくがとまりません。


桓騎の本領発揮ももうそろそろかな。


そういえば砂鬼との関係とか桓騎の過去の話しとか今回の戦いで描かれるんですかねぇ?


それも含めてとっても楽しみです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました