【キングダム】715話のネタばれと感想 ー描き切られた戦いー



キングダム:715話のネタばれと感想です。




マンガのアプリって使っていますか?

いつも持ち歩いているスマホにダウンロードしておけばいつでも読むことができますよね😁


アプリを選ぶポイントはズバリ“読みやすさ”!!

おすすめはシャープが運営する「COCORO BOOKS」です♪


会員登録無料なのでお試しください▼▼

COCORO BOOKS



スポンサーリンク

キングダム:715話のネタばれ

前回のあらすじ


ついに秦と趙の両陣営が出陣することとなった宜安の戦い。


趙の李牧は宜安での守城戦を選択せずに打って出てきた。


半年前から準備していた李牧は趙北部から兵を総動員していたためだ。


その数はなんと“秦軍14万 VS. 趙軍31万”!!


圧倒的な兵力差でさらに左右で挟まれてしまった桓騎連合軍だが、この窮地を一体どうやって逃れるのか・・・



李牧を慕うもの


宜安周囲の軍もすべて出陣し秦軍を囲むように配置が完了。


新しい人物として雁門で一緒だった馬南慈の息子である骨珉伯が登場した。


彼らは李牧の元で戦う日を待ち望んでいた。


ちなみに最初からお供であったカイネは雁門では妬まれているらしい。


当時李牧は雁門だけでなく趙北部の総司令として対匈奴に当たっていたが、その時代が一番被害を少なく栄えていた。


そのため李牧と共に戦いたいと思う気持ちは雁門出身者だけではない。


趙北部全体が李牧こそが最高の統治者であると思っている。



趙北部軍の士気は最高潮に


あまりの味方の士気の高さに驚くカイネ。


舜水樹「だから言ったであろうが、李牧様は“王”になれる方だと」


そしてついに秦軍の包囲網が完成した。


あまりの敵の多さと士気の高さに呆然とする秦軍。


一兵卒から将軍、軍師までも言葉を失って
しまっている。



気づいたが時すでに遅し


蒙恬はこの包囲網がすべて綿密に設計されたものだと気づいていた。


後戻りできないこの地でこの兵力差で開戦となるよう仕組まれたものだと。


閼与からではなくもっと前からの準備であり、太原での奇襲もよく考えれば不自然だった。


しかも援軍を止めるのではなく5万だけ通過させ趙攻略を諦めさせないよう調節までしてきた。


すべては李牧の思い描いた通りだったのだと落胆する。


そうなればこの戦いも描き切られているに決まっていると予測する蒙恬。



ついに開戦!


蒙恬が気持ちを切り替える前にすかさず開戦の合図を送る李牧。


この状況を想定していない秦軍には戦う策がまったくないどころか思考停止している状態。


おそらく李牧は考える暇を与えることなく攻めるつもりだろう。


全方位から攻められる秦軍。


どう戦う?と戸惑う兵士達に河了貂はかろうじて陣形の指示を出すのが精一杯の様子。


最前線の壁も横陣を絶対に崩すなとなんとか指示をだしていた。


しかし総大将である桓騎の軍師である摩論は言葉を失い指示すら出せずにいた。



一斉攻撃


一斉に攻撃される秦軍。


ここは用意された狩場だから留まるのは危険だと左翼の蒙恬は考える。


そのため後方へ脱出路を探ろうとするが、動き出す前にすでに敵が接触してきた。


乱戦に巻き込まれる蒙恬。


最前線の壁と同じく横陣を死守するよう指示を出す。


目の前の敵に集中しなければすぐにやられるが、先も考えなければここで全滅してしまう。



開始早々すぐに万事休すか!?


時を同じくして右翼の飛信隊も開戦早々すでに苦戦していた。


屈強なはずの飛信隊の部隊“飛麃”ですらやられている。


突破口を探る河了貂だが、相手が李牧なだけにすでに詰んだ状況だと考えて行動しないといけない。


しかし“李牧の詰んだ盤面”から逃げることなんて果たして出来るのか。


その時、前衛の壁に中央が突破されそうとの報告が入る。


予備隊をまわすよう指示を出すが間に合わず、ついに前衛の壁隊の横陣が崩れてしまった。



キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


キングダムのネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も210,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

日本最大級のビデオオンデマンド

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:715話の感想


今回桓騎は登場なし。


そしてどう考えても勝てる見込みのない戦いが始まってしまいました。


すばやい一斉攻撃で秦軍に考える隙を与えないように攻めてきた李牧。


蒙恬や桓騎は一体どうやってこの窮地を抜け出すのか?


前衛の壁の運命はいかに!?


壁がいなくなるとさみしいなぁ・・・





スポンサーリンク

715話の考察と予想


ここからは先週にアップした715話の考察と予想です。


宜安の戦いの予想・考察①


数でも勝っていると思っていた秦軍だが、結局のところ敵地で圧倒的兵力差をつけられてしまった。


しかも守城戦ではなく城外に出ての平地戦だ。


王翦と桓騎を比較した場合、王翦はどこでもどんな戦術でも対応できそうだが、桓騎は今回のような平地での戦いだと長所を発揮しにくいように思う。


李牧はそこまでわかった上で戦力差をつけてきたはずだ。


つまり圧倒的な正攻法の戦いに桓騎は弱いということになる。


黒洋での戦いで“桓騎の弱点がわかった”と李牧と慶舎は言っていたがこのことかもしれない。


しかしこの展開が桓騎にとって想像できなかったわけでは決してないはず。


桓騎も別動隊などの何かしらの策をすでに発動している可能性もある。



宜安の戦いの予想・考察②


平地での戦いで奇抜な戦術がやりにくい桓騎は大いに苦戦する。


王騎の時のように途中で大軍を戦場に参加させるのではなく、最初から圧倒的戦力差を見せつけてきた。


これも正攻法で攻めたてて他に手段をとれなくするためだろう。


さらに無血開城した赤麗城も伏兵により趙に取り戻されてしまう可能性が高い。


もしそうなれば前後左右から圧倒的な兵力を使い力技で押し切られる展開に桓騎もなすすべなし。


しかも戦力に余裕があるということは、昼に兵力を温存し夜襲に使えるということ。


昼夜関係なしに四方八方から攻め込まれ、拠点もないので兵糧もつきてしまうという最悪な展開。


勝手に逃げ出す桓騎兵が続出するはずだ。



李牧の戦略を考察①


半年前から準備していた李牧はあらゆる想定をしているはず。


閼与で王翦を足止めすることも計算に入れているので、相手が桓騎というのはきっと狙っていた展開。


見晴らしの良い平地で戦うことによって、桓騎の小さな動きも見極めることに注力していくはずだ。


見通しが良いということは、まず桓騎お得意の本陣から離れて少数で動くパターンを封じることになる。


このパターンは李牧もよく使う手だが、正面から正攻法で押し込まれると指揮を執ることが出来なくなってしまうのが欠点だろう。


桓騎特有の奇抜な戦術を発動させないよう
に、数に任せて正攻法でガンガン攻め込んでいく戦法をとると予想。



李牧の戦略を考察②


ただ桓騎は兵法をちゃんと学んでいない野党上がりなので、李牧でも思いつかない戦法をとられた場合、生粋の軍人である李牧の対処が遅れる可能性はある。


もしこの宜安の戦いに敗れることがあれば趙国は間違いなく滅びてしまう、そして残虐な桓騎軍から家族を守ることを第一に考える趙兵の士気は非常に高い


予想外に進軍できてしまった秦軍より確実に高い士気をもった趙軍と、準備万端の李牧という最強の組み合わせによる李牧本人も気づかないような油断がなければいいが・・・


一方的な展開になるので、どこまで抜け目なく桓騎の動きを捕獲し続けられるかがカギとなるだろう。



桓騎の戦略を考察①


何を考えているか表情を変えずに展開を見守る桓騎。


戦略に長けた蒙恬・龐煖を倒した信と両脇の役者は揃っており、最強の武力を誇るゼノウ一家もいる。


敵地で倍以上というかつてない窮地をどう凌いでいくのか・・・


しかし桓騎のことだから、もしかしたら戦いが始まる前から別動隊を動かしているのかもしれない。


閼与で倉央が王翦に1万の援軍を提案したのを断ったことから、その時から王翦と桓騎で何かを考えている可能性も大いにあるだろう。


1つ不安なのは無血開城した赤麗城で、ここを奪われてしまうとなすすべなしの状態に陥ってしまうが何か対策はしているのだろうか。



桓騎の戦略を考察②


相手が大軍だからこそ、敵に扮して紛れ込む作戦が有効かもしれない。


しかし半年間の準備期間があった李牧に通じるのかはわからないが・・・


少数だからこそバレたら致命的になってしまうから、桓騎本人が紛れ込むようなリスクを冒すとは思えない。


しかも桓騎軍は野党の寄せ集めの軍だから、桓騎や秦に対する忠誠心は薄い。


ピンチになれば勝手に逃げだす一家がでてくるはずだから不安要素としては決して小さくない。


ジリ貧になる前に李牧も思いつかないような奇抜な方法で短期決戦で行くしかないように思える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました