【キングダム】712話のネタばれと感想 ー奇跡の前進ー



キングダム:712話のネタばれと感想です。




マンガのアプリって使っていますか?

いつも持ち歩いているスマホにダウンロードしておけばいつでも読むことができますよね😁


アプリを選ぶポイントはズバリ“読みやすさ”!!

おすすめはシャープが運営する「COCORO BOOKS」です♪


会員登録無料なのでお試しください▼▼

電子書籍 「COCORO BOOKS」



スポンサーリンク

キングダム:712話のネタばれ

前回のあらすじ


半年も前から用意周到に準備していた趙軍に奇襲をかけられ、秦北東部軍の曹波広将軍はあっさり討ち死にした。


20万を超す大軍だったが分断され、後軍は太原に戻り、前軍は元の
予定通り桓騎軍に合流。


結果的に閼与で王翦軍が足止めをくらい、秦北東部軍は5万しか合流しなかったことになる。


それでも宜安周辺の趙軍の兵力は約10万、対する秦は削られたとはいえ14万の大軍。


最初の計画通りにそのまま進軍することにした桓騎軍と、準備万端の李牧がついに対決する。



王翦の判断


場面は閼与にいる王翦の本陣。


桓騎軍が太原からの援軍を吸収し、当初の計画通り宜安攻略に向けて出陣したと報告を受ける。


田里弥「やってやれぬ数字ではない」


当初の予定より半分以下の兵力となり際どい戦いになってしまったが、それでも数では勝っている。


念のためと倉央が1万を援軍として出陣させてもいいか王翦に尋ねた。


王翦「まだ行くな、もう少し様子を見る・・・」



不吉な空気


場面は行進している飛信隊へ。


趙北部に深く進んだので山々が険しく兵達は肌寒さを感じてきていた。


山が深く視界が悪いのと“植巴”という小都市が近くにあるため、伏兵に気を付けるよう注意喚起する河了貂。


羌礼「昼なのに星が見える…、それもすごくよくない並びの星だ」


壁隊にいるナジャラ族長のイアリエも、嫌な風が吹いているのと良くない占いがでていると壁に進言していた。


そこらかしこで不吉な空気が流れているようだ。



ナジャラ族の魔除け


ナジャラ族の長老が魔払いをやった方がいいと言っていて、ぜひとも壁にも参加してほしいとのこと。


素直に従い参加する壁。


ナジャラ族「アンミノサン!コマーーーッ」


通りがかった信が大笑いしている。


これに「ちゃんとした魔除けだから笑うな」と羌瘣と羌礼が注意。


何かこの戦いが怖いから、何なら信も参加してこいと勧める羌礼。


しかし信は魔除けくらいで退く脅威なら最初から脅威じゃない”と気に留めない。



読めない趙の思惑


重要なのはどれだけ被害を少なくして宜安を攻めるか。


趙北部に深く入った桓騎連合軍は敵の急襲に備えながらさらに東進する。


しかし、一戦も交えることなく宜安の目と鼻の先まで侵攻できてしまった。


飛信隊の那貴が斥候として先に偵察に行っていたが、厘玉隊が“斥候狩り”にあっているのを目撃する。


那貴「ようやくか・・・」


部下に河了貂へ報告するように指示し、那貴自身はさらに奥まで偵察に向かった。



宜安の手前にある重要な城とは


桓騎軍本陣にて次の戦略を練っていた各隊の隊長達。


一戦もせずに各城が籠城して出て来なかったからここまで来れたが、これほど抵抗がないとは予想外だった。


防衛線を作る隙を与えず速やかに侵攻したからだと壁は分析する。


河了貂はここまで無傷で来れたのは大きいが“ここから先は斥候狩りにあって情報が入ってこない”ことが気がかりだという。


摩論も同じく斥候狩りを放っていて同じ結果のようだ。


飛信隊は那貴が斥候として、他の隊の斥候よりも奥に行ったが“赤麗”の姿までは見えなかった。


赤麗とは宜安の手前にある小城のこと。


宜安の前にこの赤麗を落としておけば拠点ができるため、仮に宜安攻めが長引いたとしても軍の消耗を減らすことが出来ると河了貂は考えている。



赤麗城を攻める武将は!?


赤麗はそこまで大きな城ではないのと本戦である宜安の前だから力は温存したいため、いずれかの一軍で攻略したいと進言する河了貂。


ではどの隊がその任務を受け持つのか!?


桓騎軍は相手の士気が上がると厄介だ・・・


それなら言い出しっぺの飛信隊がと信が言うも、蒙恬は壁将軍にお願いしたいと口を挟む。



その理由としては、飛信隊と楽華は3百人隊の頃から独立遊軍としてやってきており機転が利く。


斥候が封じられ様子がわからない先の戦いで、その力は非常に有効になってくるからだと説明する。



対する壁は、壁軍は飛信隊や楽華隊のように特性は薄いが、すべてをそつなくこなすという特性がある。


だから正攻法が必要な攻城戦は壁軍の方が上手いと言い、赤麗攻略を引き受けた。



ぶっつけ本番!?


壁「攻城戦は上手いなどと口走ってしまったが・・・」

壁「一体どうやって攻めたものか・・・」


あれこれ考えても仕方がないと、とりあえず弓隊と歩兵隊を前進させる壁。


史記によると秦は実際に大軍を起こして趙北部に攻め込んでおり、初戦となったのがこの“赤麗”だ。


羌礼「ん?・・・何じゃあの城は・・・」


何かを感じ取る羌瘣と羌礼。



キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


キングダムのネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も210,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

U-NEXT

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:712話の感想


712話はなんといっても「壁」の回でしたね!


若干ネタ要素が強めでしたけが、久しぶりに注目を浴びていました。


しかしそんな壁も将軍になってからだいぶ経ちます。


成長した壁が一体どういう攻城戦を見せてくれるのか!?


不吉な要素がそこらかしこに散りばめられていましたので絶対に波乱があると思いますが・・・


次回は壁の活躍を期待しています!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました