【キングダム】706話のネタばれと感想 ー扈輒軍の精神ー



キングダム:706話のネタばれと感想です。




マンガのアプリって使っていますか?

いつも持ち歩いているスマホにダウンロードしておけばいつでも読むことができますよね😁


アプリを選ぶポイントはズバリ“読みやすさ”!!

おすすめはシャープが運営する「COCORO BOOKS」です♪


会員登録無料なのでお試しください▼▼

COCORO BOOKS



スポンサーリンク

キングダム:706話のネタばれ

前回のあらすじ


先の戦いのために閼与城の攻略は、連合軍ではなく王翦軍のみで戦っている。


そんな王翦軍の側近であり将軍の田里弥だが、舜水樹が授けた策により苦戦していた。


その策とは、「重傷を負ったら梯子をかけて登ってくる秦兵を巻き込んで落下する」という想像を絶するものだった。


そんな時、まさかのタイミングで城から出撃してきた虎白公龍白公の2人の将軍。


完全に虚をつかれた田里弥は無防備な状態で横撃を受けてしまうことに・・・



虎白公と龍白公の作戦とは


話は少し前にさかのぼる、場面は閼与城内。


虎白公と龍白公がそれぞれ騎兵を3百ずつ編成し出撃準備をしていた。


虎白公「一度外に出ればもはや城内に戻ることはない」

虎白公「我々は全員外で死ぬ!決死隊である」


作戦としてはまず城を包囲している田里弥を討ちとり、その奥に控えている桓騎まで駆け抜け討ち取るというもの。



虎白公の決意


虎白公は出撃前に総大将である舜水樹と話しをしていた。


出撃は許可するしその心意気は買うが、決死隊はやめるよう説得していた舜水樹。


しかし、虎白公は扈輒将軍をやられているため舜水樹のいうことを聞く様子はない。


舜水樹「武運を祈る」


そして決意を固め出撃する虎白公と龍白公の2人の将軍。



2人の将軍の出撃に対する河了貂の見解は


急に打って出てきた2人の将軍に戸惑う飛信隊。


完全に虚をつかれた王翦軍は対処できないと見る河了貂。


狙いは全体の指揮を執っている田里弥だと気付くが遠くからではどうすることもできない。


しかし、この秦軍の海にたった6百だけで出撃してすぐ城門を閉めたということは相手はもう戻らないつもり。


つまり出撃した騎馬隊は外で死ぬつもりだということ。


じっと戦況を見つめる信。



止まらない虎白公と龍白公


横撃を受けた田里弥隊は対処できないでいた。


必死に止めようと抗うが、まったく止めることができず田里弥のすぐそばまで迫られていた。


側近が退避を促すも、間に合わず背を討たれると察知した田里弥は前に出て切り結んで活路を開こうとする。


そしてついに虎白公と龍白公が視界に田里弥を捉えた。


覚悟を決め田里弥のまわりを囲う田里弥隊。



王翦が助けに入る


このまま田里弥はやられてしまうのかと思われたが、まさかの王翦自らが近衛兵を連れて助けに入る。


これには田里弥も虎白公も驚きを隠せない様子。


王翦「こ奴らは扈輒軍の生き残りだ、残すと厄介だぞ」


助けられた田里弥はすかさず周囲に命令をだす。


周辺の兵を呼び集め“獄可の陣”で包囲する。


そして桓騎軍など外の陣の全軍に、内から出ようとする騎馬を見逃さないよう伝令をとばす。



失敗した場合の次の行動も決まっていた


失敗した虎白公を見て落胆する趙軍。


助けには行けないので虎白公と龍白公はあそこで終わってしまうと嘆いている。


その時、舜水樹は出撃前のことを思い出していた。


守城戦でいくらでも兵力が必要な時に私怨での行動は認められないが、前方に来ている田里弥を狙うというなら作戦として許可を出せる。


だが決死隊ではなく、失敗したら離脱し今度は桓騎を急襲しろと指示をだす舜水樹。


そしてそれも失敗したなら何としてでも脱出し生き延びろと続けた。


これ以上生き恥をさらしたくないという虎白公に対し、中途半端な無駄死にはただの逃げであり主の仇である桓騎を討ち取るまでは生き延びるべきだと説く。


しかし「扈輒軍の精神にまで口を挟むな」と受け入れる様子のない虎白公であった。



脱出を試みる虎白公と龍白公


扈輒軍随一の突破力をもつ龍白隊を先に行かせ、虎白隊がそれを援護して押し出す一点突破の作戦で脱出を試みる。


しかしさすが王翦隊だけあり包囲陣がすごい勢いで出来上がっているようだ。


これを見た舜水樹は城から弓兵に狙わせろと指示。


矢は届かない距離だが、敵の気は逸らすことが出来る。


しかし虎白公と龍白公は舜水樹に対し見くびるなと自力で突破しようとする。


桓騎を討つために一致団結して死に物狂いで援護する兵たちにより、なんと
突破に成功した。



包囲を抜けたその先には・・・


包囲を抜けると思っていなかったのか、突破された後の秦軍の対処は遅れていた。


その隙をぬって桓騎の本陣目指して一気に進軍する虎白公と龍白公。


対する桓騎の陣は何の動きも見せないどころか、油断しきって防陣すら作られていない状態


これはひょっとしてと思われたその瞬間・・・


信「悪いが・・・、ここより先に行かすわけにはいかねェんだよ」


飛信隊が2人の将軍の前に立ちはだかった。



キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


キングダムのネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も210,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

動画を見るならU-NEXT

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:706話の感想


並々ならぬ決意をもって出撃した虎白公と龍白公でした。


しかし最後の砦として信が登場という何とも言えない展開になってしまいましたね。


いくら桓騎とはいえ信が「はいどうぞ」と通すわけがないので、飛信隊との激しい戦いが予想されます。



今更信が負けるわけはないでしょうし、数も圧倒的なのであっさりと終わってしまうんでしょうか。


戦争とはいえ悲しい戦いの予感がします。


そして主力を失った閼与を舜水樹がどう守るのかが注目です!


688話689話690話691話
692話693話694話695話
696話697話698話699話
700話701話702話703話
704話705話706話707話

コメント

タイトルとURLをコピーしました