【キングダム】699話のネタばれと感想 ー首級の数ー



キングダム:699話のネタばれと感想です。




マンガのアプリって使っていますか?

いつも持ち歩いているスマホにダウンロードしておけばいつでも読むことができますよね😁


アプリを選ぶポイントはズバリ“読みやすさ”!!

おすすめはシャープが運営する「COCORO BOOKS」です♪


会員登録無料なのでお試しください▼▼

COCORO BOOKS



スポンサーリンク

キングダム:699話のネタばれ

前回のあらすじ


桓騎の大虐殺に対し、最前線まで赴いた嬴政。


しかしそんな嬴政に対しタメ口はおろか、お前呼ばわりの桓騎。


2人だけならまだしも、まわりに昌文君や軍の兵士もいる状態。


もう秦に戻る気がないような態度と見て取れるが・・・


呂不韋の時のような舌戦になるのだろうか。



屁理屈


相変わらず机に足を乗せたまま話す桓騎。


一方嬴政は桓騎の態度に関しては気にしていない様子。


桓騎「今この世で一番人を殺してんのはお前だぞ、秦王よ」

黒桜「その通りだ、戦争しかけてんのはお前だ、その死人の責任もお前にある」


ついには黒桜までが嬴政に対してお前呼ばわり。


子供じみた屁理屈につき合うつもりはないと一蹴する嬴政。


責任は誰にある?


屁理屈ではなく実際に嬴政の命令で侵略して何十万人と人が死んでいる。


今回の件も嬴政が起こした戦争の一部で、それなのに責任は俺だけかと桓騎。


捕虜を虐殺しろと命令はした覚えはないし、戦を始めた俺が最前線きて暴走したお前を裁くのが責任だと嬴政。


嬴政「そしてもっと大きな責任は六国全て滅ぼしてからの話しだ」

桓騎「正に血の王だ、お前に比べれば俺なんてかわいいもんだぜ」



あの長平の悪夢


六国を滅ぼすということは血を多く流すということ。


それ故に兵士と民・捕虜は強く線引をしないといけない。


現在の六将から“白起”を出すわけにはいかないと嬴政。


あの長平の悪夢が中華をどれほど震え上がらせたか、趙にどれほど怨念を生んだかは幼少期に身をもって体験した。


そんな状況を作ってしまうと統治などできるわけがないし、今回の件はその長平を思い起こさせるほどの悪行だ。


戦乱のあと中華を一つにまとめることができなけば意味がない。



恨みの連鎖


桓騎「他人の土地に侵略し殺して奪って、その上でその連中と一つになれると本気でそう思ってんのか?」


迷わずそうだと返答する嬴政。


黒桜にどう思うか尋ねる桓騎。


雷土を生きながらにバラバラにした趙の人間と一緒になるのは願い下げだと黒桜。


桓騎「国を一つにして戦を無くすとか言いたいんだろうが、“人”はそうはならない、絶対に」

桓騎「お前は“人”に期待しすぎだ、秦王よ」



まさかの展開!


嬴政「お前みたいに何もせずに“絶望”など・・いや・・・」


なにかに気づいた様子の嬴政。


首をはねたきゃはねろ、その時はお前も死んで血の道もここまでだと桓騎。


理由がないなら斬首するつもりだったが、摩論の説明に免じて赦すことにすると嬴政が返答する。


摩論の説明は不十分だが、桓騎軍だけで扈輒将軍撃破することは予想外であり、その成果のもたらすものが計り知れないというのが昌平君の評価だという。


次はないぞとその場を立ち去る嬴政。


親友との再開


秦の軍律には戦場で取った首を褒賞に換える法があり、首級の数が“史記”にも記載されていたが、今回の事件以降記されることはなくなったという。


虐殺され焼かれた趙兵の骸骨の山に囲まれながら一人座って頭を抱えている嬴政。


そこに信がやってきた!


信「こんなところにいたのか」



キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


ネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も210,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

動画を見るならU-NEXT

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:699話の感想


まさかの展開!


数話に渡って舌戦が続くかと思いきやあっけなく終わってしまいました😅


しかも許されてるし。


桓騎はてっきり秦を離れるものだと思っていました。


いくらすごい武功といっても統一するためやってはいけないことをしたので。


ほんとに意外な結末でしたね。


とはいえ、その後の葛藤をしている描写があるのでなにか思惑があるのでしょう。


次回は信とどんな話をするんでしょうね😁


コメント

タイトルとURLをコピーしました