【キングダム】697話のネタばれと感想 ー将軍の役目ー


キングダム:697話のネタばれと感想です。




マンガのアプリって使っていますか?

いつも持ち歩いているスマホにダウンロードしておけばいつでも読むことができますよね😁


アプリを選ぶポイントはズバリ“読みやすさ”!!

おすすめはシャープが運営する「COCORO BOOKS」です♪


会員登録無料なのでお試しください▼▼

電子書籍 「COCORO BOOKS」



スポンサーリンク

キングダム:697話のネタばれ

前回のあらすじ


大逆転劇に驚く秦国と趙国。


しかしそれも束の間、捕虜である趙兵10万の首を斬った桓騎。


雷土を拷問の末に殺された怒りなのか・・・


史実にも実際に残る大虐殺であった。



虐殺の知らせが両国に届く


戦場には虐殺された趙兵の頭蓋骨がいたる所に積み上げられている。



まずは、趙の邯鄲に知らせが届いた。


事実を知らされた趙の遺族たちは泣き叫ぶ。



続いて、秦国にも知らせが届いた。


数万人の捕虜を虐殺した事実が嬴政に伝えられる。


最悪な選択


報告を聞いた嬴政は思わずその場にへたり込んでしまう。



李斯「昌文君分かっているか、我々は今とてつもなく難しくなったぞ」


中華統一の道は国々を滅ぼして終わりではなく、そこにいた者達と同じ国民にならなければいけない。


その場合一番やってはいけないのが捕虜の虐殺だという李斯。


この暴挙の事実は全土に広がり、遺族だけではなく噂を耳にした各国の民達にも影響を与えてしまうと続ける。



嬴政が行動に出る


嬴政は昌平君に対し今すぐ動かせる直下兵団はどのくらいいるのか?と問う。


昌平君「豹司牙の黒騎兵団ですか?」

嬴政「黄竜の兵団もだ」

昌平君「どこへ向かわせるおつもりですか」


嬴政「無論、桓騎の元へだ」



飛信隊の元へも知らせが届く


場面が変わり飛信隊。



趙軍の逆襲を防ぐため、平陽城付近まで来ていた。


羌礼「何かずっと気持ち悪い」


どうやら識が夢で教えてくれたから、捕虜の虐殺に気付いているようだ。



飛信隊本陣にも報告が来ていた。


やはり飛信隊を遠くに追いやり邪魔をさせないようにしたようだ。


捕虜を皆殺しにしたことに絶句する一同。



飛信隊の役割


感情のままに桓騎のところへ向かおうとする李信。


李信「戻って桓騎をぶっ飛ばす、虐殺された捕虜の数だけ殴り続けてやる」


しかし河了貂に止められる。


黒羊の時とは違い、李信は将軍で桓騎は六代将軍だから2人が近づけば戦争になってしまう。


河了貂「今は将軍の役割を果たす時だ!」


虐殺の怒りで趙が反撃をしてくることが予想されるため、ボロボロの桓騎軍が立て直すまで守ることが今の飛信隊の役割だと説明する。


李信「こんなことやっといて桓騎はお咎めなしだってのかよ、テン」

河了貂「お咎めなしなんて、そんなことあるわけないだろ」

河了貂「でも、それをやるのは信じゃない」


河了貂「この暴挙を許さないのは、秦王嬴政だ!」



ついに桓騎の元へ嬴政が到着した


桓騎と摩論の元に急報が入る。


桓騎が見当たらなかったので摩論だけで報告を聞くことに。



報告は「南西からこっちに軍が向かってきている」とのこと。


南西なら敵じゃないから友軍でしょうと摩論。


敵ではないが、見張りのところに伝令が来ておかしなことを言ったという。


“この軍は・・・王の軍である”と!


ついに嬴政が桓騎の元へ到着した。



嬴政の表情は険しいが・・・


キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


ネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も240,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

動画を見るならU-NEXT

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:697話の感想


まさかの嬴政自らが出陣しました!


そこまでしないといけないという深刻な状況だということなのでしょう。


嬴政と飛信隊で挟み込む形になりますが、桓騎は一体どうなってしまうのか・・・


次回が楽しみすぎる😆



コメント

タイトルとURLをコピーしました