【キングダム】690話のネタばれと感想 ー予定通りー



キングダム:690話のネタばれと感想です。




キングダムをよく知らないって人は、まず観るか読んでくださいね!

無料トライアルでアニメもマンガも楽しめますよ♪

直接読んだ方が早いと思った人もこちら▼▼

U-NEXT

U-NEXT



スポンサーリンク

キングダム:690話のネタばれ

前回のあらすじ


今回の戦場から登場した岳白公にまさかの大苦戦の李信。


変則的な戦い方をする岳白公に防戦一方だったが、689話では最後に一矢報いたのでそのまま押し切ることが出来るのか…


秦軍の中央軍や右翼は壊滅的被害を受けているため、飛信隊のいる左翼が影丘を攻略出来るかがカギになっているようだ。



ついに決着がつく


李信が剣で攻撃するも岳白公も剣で受け止めそこから打撃で反撃される。


ずっとその展開が続いていたが、打撃での反撃を剣で受け止め逆に岳白公の足を傷つけることに成功。


そして体勢が崩れたところを尾平に投げさせた王騎の矛で、剣の防御ごと砕いて斬る!


ずっと劣勢だったが、ここにきて一気に決着がついた。


岳白公「この私を討った快楽は最高か」

李信「ああそうだな」


岳白公が力尽きる。


李信「よくねェよ、バカ」



まだ乱戦は続く


趙軍の大将が討ち取られたが、地理的有利な趙軍は諦めない。


ぼろぼろの李信を囲んで奮闘する崇原率いる歩兵団。


我呂率いる騎馬隊も一緒になって戦っているが膠着状態が続いている。


そこに、趙軍の後軍が到着した…


ものすごい数で合流されたらひとたまりもない上に前方は騎馬隊という最悪な展開。


万事休すかと思われたが…



飛信隊にも援軍到着


崖下を攻略した羌瘣隊が到着した。


こちらもすごい数で援軍に来てくれている。


我呂にその場を整理するよう指示し、そのまま趙の後軍に突撃するようだ。


乱戦で崖下に落とされた羌礼も羌瘣の馬の背にいた。


羌瘣「礼、手伝いに行って」


歩兵団に合流した羌礼は相変わらず無双する。


田永「羌礼、無事だったか」


段々と仲間意識が芽生えてきている羌礼と飛信隊員達。



大逆転劇


到着してそのまま趙の後軍に突撃した羌瘣隊だが、数で劣っていた。


しかし、そのまま突撃してくる趙軍に対し、陣形を整え戦略的に戦うよう指示をだす。


抑えていれば、李信のところが終わり次第合流できるためだ。


岳白軍の本陣は「大将討ち死に」で混乱するも、参謀が立て直そうとしていた。



岳白公の死を隠し、隣の軍も飛信隊にぶつけるよう指示を出していたが矢先・・・


本陣を急襲した亜花錦にあっさり討ち取られ本陣陥落!


指示がなくなった趙軍はそのまま崩れるように敗れ、ついに影丘を飛信隊が攻略する。



「俺達」の勝利


結果だけ見れば、1日で影丘を攻略した飛信隊。


しかし、玉鳳隊の奮戦や王賁の攻略するための知恵があったからだ。


亜花錦の機転による横撃がなければ、飛信隊は崖上で戦えなかったし、後軍へのちょっかいがなければ 羌瘣隊も間に合わなかった。


関常も復活していなかったら、羌瘣隊を崖上に登らせることができず、飛信隊の歩兵団に後軍が突撃していた。


玉鳳隊なくして飛信隊の勝利はなかったということだろう。


喜んだのも束の間で、河了貂がさっそく指示を飛ばす!


隊を立て直し、総大将である扈輒の本陣を急襲するようだ。



桓騎の狙いとは・・・?


岳白公が敗れ影丘が抜かれたことに驚く趙軍本陣。


中央と左翼は大勝利をおさめていて押し込んでいるため本陣が手薄になっているようだ。


影丘こそ圧倒的有利な地形だから抜かれるとは思っていなかった。


しかし、さすが総大将の扈輒は中央に5千の兵を留めていた。


その兵を戻せば十分に対処可能だという言葉に趙軍は安堵するが・・・


「この中央に留めていた5千の軍の移動が扈輒にとって大いに裏目に出ることになる」


圧倒的に不利な状況に追い込まれている桓騎だが、謎の笑みを浮かべる・・・



キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


ネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も210,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

動画を見るならU-NEXT

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:690話の感想


岳白公との闘いは意外とあっさり決着がつきましたね!


その後の展開もスムーズで、終わってみれば飛信隊が到着して1日で影丘を攻略しました。


先の玉鳳隊の戦略があったからこその勝利でしたが・・・


ただ左翼が勝ったとはいえ中央や右翼は大打撃を受けているので、ここからの大逆転はあるのでしょうか?


最後のシーンである桓騎の不敵な笑みは、一体何を意味しているのか気になる所ですね!


次回も目が離せない展開になりそうです☆


コメント

タイトルとURLをコピーしました