【呪術廻戦】181話。ルール追加か!?秤も登場で新展開!ーネタばれ確定、感想、考察ー

呪術廻戦 181話のネタばれ考察です 。


前回のあらすじ


石流と一騎打ちの乙骨。

出し抜くつもりだったが石流の熱い視線に応えて全力でやりあうことに!

呪力砲の打ち合いでは石流のほうが一枚上手。

だが「リカ」をうまく使い乙骨が攻め立てる。

石流も善戦するが、乙骨は模倣した烏鷺の術式を使い石流の呪力砲を利用する。

途中「リカ」との接続が切れた乙骨だったが、最後まで乙骨優勢で勝利する!

スポンサーリンク

呪術廻戦:181話 東京第2結界①

”シャルル・ベルナール”


いきなり始まった東京第2結界編。


ご来客カードに書かれたシャルル・ベルナールという名前。


訪問先と書かれた欄にはなんと、週刊少年ジャンプと書かれているではありませんか。(;´∀`)


受付の人であろう2人が「持ち込みかなぁ」とウワサしている。


集英社に持ち込みに来た新人漫画家の様です。


登場の仕方から術師だと思われますが、まさか漫画家の術師とは、、、


なにやら独自の世界観を持っていそうでワクワクですね☆

倒した相手に諭される乙骨。


話は仙台結界に戻り、石流が何やら乙骨と話している。


乙骨に負けた石流だが、いまのままでは強者としての地平すら超越するものが現れた時に限界がくる。と忠告していた。


その話の中で出てくる宿儺のような”呪い”が印象的。目が4つに腕も4本あり、石流が過去に見たというそいつも今後出てくるのかも!(;´∀`)


烏鷺も生きていた!


「敵を生かしておいても得しない」と烏鷺に言われた、という乙骨。


石流はそこで烏鷺が生きていたことを知る。


烏鷺との関係を詮索する石流だったが、乙骨はめんどくさいのかはぐらかす。(;^ω^)


「何を言っても暴力になる」と烏鷺に対して何もできることはないらしい。


関係性がよくわかりませんが、今後解明されていくのでしょうか。

乙骨が200点ゲット!


そんなことより「ポイントください」という乙骨。


石流も、点が欲しくて生かしておいたのかと納得。


乙骨は肯定しないものの「僕の仲間に感謝してください」と笑顔でいう。(;´∀`)


実は烏鷺からすでに点をもらっており、乙骨の点は200点に♪


今回は総則追加はしませんでした。


そしてここでも気になる人影が、、、


次回はいろんな展開が期待されます☆

再び東京。


場面は再び東京で、場所はなんと集英社!


そこでは”漫画とは何か?”を自問自答するかのように語る男。


冒頭で出てきたシャルル・ベルナールだ。


それを聞きながら原稿を読んでいるのは担当の方だろう。


シャルル・ベルナールは両親ともにフランス人なので見た目は完全に外国人だが、日本生まれ日本育ちなので日本語はペラペラ。


変わった感性の持ち主で、担当さんもちょっと引き気味。(笑)


いきなり担当の指を折る⁉


原稿の内容について評価する担当さん。


一休さんをモチーフにトラ耳の女の子を取り入れたマンガの様だ。


担当さんは細かく分析して酷評ではないが「話の軸が弱い」と指摘。


一コマを取り上げて「こんなに指は曲がらないよ、ほらよく見て」と指を出した瞬間――


ポキッ


担当さんの指が逆に曲げられる。(;゚Д゚)コワッ


めっちゃキレた、、、


「これでマンガと同じになりましたね」とさらっというシャルル。


そんなにリアリティを求めるならマンガはいらない!とばかりにキレて捲し立てる。


話にならない‼とその場を後にする。


そしてまた考える。漫画とは?漫画家とは?


その答えを――


秤 金次がついに登場!


「君は知っているか?」


と、いきなり秤金次はかりきんじに問いかけるシャルル。(;・∀・)?


「知らねーよ」と答える秤。


状況はよくわからないけど、秤と観覧車に乗っています。(;^ω^)


断れる状況だったけど、将来女と乗るときのための下見でもあるという秤。なおさらよくわかりません。


避けられない戦い。


「君に頼みがある」と秤にいうシャルル。


死滅回游は戦う理由が後ろ向きだから、バトル漫画のようにのめりこむ為の理由が欲しいらしい。


身勝手なお願いですね。(;・∀・)


シャルルが漫画家だったことを知る秤。

秤はそれを聞いてか本心なのか――


「オマエの漫画なんざ頼まれたって読まねぇよキモオタ」


と辛辣な言葉をぶつける。


シャルルの頬を伝う涙――( ;∀;)


戦いは避けられない‼




――次回へ続く――

スポンサーリンク

振り返り


やはり来ました秤金次♪


そして一癖も二癖もありそうな漫画家のシャルル。


何故観覧車なのか?(笑)


2人の世界観がぶっ飛びすぎててついていくのに必死です。

(;´∀`)


烏鷺や石流も退場していないので今後も出てきてくれることでしょう。


続々と新キャラが出て面白くなってきた死滅回游から目が離せません!




スポンサーリンク

そのサイト、安全ですか?


コロナ禍において、巣ごもりせざるを得ない状況が続いています。


そんな中、漫画などを違法にアップするいわゆる”海賊版サイト”の被害が過去最大になっているそうです。


海賊版サイトによる被害の例として、

・アクセスしただけでウィルスに感染する


・悪質サイトに誘導される


・個人情報を盗み出すフィッシング詐欺


・仮想通貨のマイニング(採掘)への強制参加


など主なネット被害の温床になっています。


私も実際アクセスしてみたときは速攻でセキュリティアプリが警告してきました。


スマホの動作が遅くなる、おかしな動きをする、バッテリーの消費が激しいなどの症状は危険信号です。

アカウントの乗っ取りや口座番号の抜き取りなど、個人情報の流出被害もあるので怪しいサイトは絶対に利用しないようにしましょう。

安全に呪術廻戦の最新刊やアニメ、小説まで見られるサイトとは?


私がおススメするのはU-NEXTです。

U-NEXTならいつでも好きな時に呪術廻戦が見られます。

しかも31日間無料で‼

最新刊はもちろんアニメや漫画では描かれない小説まで読めちゃうので断然お得です!


映画の原作である”呪術廻戦 0巻”も見られますよ♪

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>


【呪術廻戦】ネタバレと感想

158話159話160話161話162話
163話164話165話166話167話
168話169話170話171話172話
173話174話175話176話177話
178話179話180話181話



スポンサーリンク

呪術廻戦:181話 ネタばれ考察。

考察①石流がポイントを譲渡する。


熱い戦いを繰り広げた石流と乙骨の間には、友情にも似た感情があるように思います。


石流も邪悪な呪術師というよりは、秤や東堂のような雰囲気を持っているので認めた人には敬意を払うと予測。


77点を持っていた石流が乙骨にポイントを譲渡することでルール追加が可能になると考察します。

考察②”連絡手段の確立”を追加。


乙骨は一人で400点取るつもりでいましたが、虎杖の活躍によりポイント譲渡のルールが追加され、少し肩の荷が下りたはず。


”死滅回游から抜けられる”を追加しても今のところは意味がないので、おそらく今後の展開を進めるためにも連絡手段を付け加えるでしょう。

考察③秤金次とゆかいなパンダ。


次はおそらくギャグ的な要素もふんだんに取り入れた秤たちの結界がスタートすると予想、というかして欲しい☆


パンダ先輩はともかく、秤は純粋に強いと思われるのでそうそう負けないでしょうしサクサクっと終わらせてくれるでしょう。(笑)

考察④伏黒が来栖華に連れ去られていた⁉


173話で伏黒のもとに舞い降りた「天使」こと来栖華。


五条悟復活のキーマンである彼女を偽夏油が放っておくとは思えません。


受肉した彼女が偽夏油とつながっていて、伏黒を連れ去っている可能性は低くないといえるでしょう。


今後、何らかの形で虎杖vs伏黒‼なんて対決があるかも⁉


コメント

タイトルとURLをコピーしました