【ブルーロック】251話 カイザーが弱点!?ーネタばれ考察と感想分析まとめー



ブルーロック251話の考察と感想です。

前回のおさらい(感想)

完全未知数の相手に喰らいつく潔たち。

そんな潔を横目に、パリエクスジェンのゴールへ攻めるカイザー。

カイザーインパクトが炸裂する瞬間、糸師凛が華麗にカットする‼


このサイトは大好きな漫画を読んだ感想と、今後の展開を考察していく記事を作成しています。

※本誌のネタばれも含みますので、まだ読まれていない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ブルーロック251話の考察!!


※本ページにはプロモーションが含まれています。


先制点は糸師凛。


まさかカイザーインパクトの瞬間にボールを奪うやつが出てくるとは思いませんでしたね。

むしろ、あえて狙っていた感もあります。


というか狙っていたのでしょう。

カイザーを潰しに行くなら一番効果的なタイミングですからね。


とはいえ簡単なことではありません。

世界最高峰のキックスピードを躱すのは、相当な精度と覚悟がいります。

まあ糸師凛いとしりんはぶっ飛んでるので、当たり前のように狙ったのでしょう。

ピンポイントで狙う眼と技術、そしてなんといっても集中力が凄まじすぎます。


糸師凛にとっては、いさぎを倒す、ひいてはバスタード・ミュンヘンを倒すために必要な準備運動なのでしょう。

おそらくこのままバスタード・ミュンヘンのゴールを奪われます。


なぜなら、そこまでのイメージをしっかり作っているからです。

糸師凛はこの一戦にすべてをぶつけてくるでしょう。


國神の本領発揮。


第2のノエルノアを作り出すトレーニングを続けている國神くにがみ
國神とノアを比べて、同時期の数値がまさかの國神勝利だと語る帝襟アンリ。

これが意味するのは、この試合で國神が覚醒する、という事ではないでしょうか。

数値が勝っているといことは、おそらくこの試合に出ている選手の中でも、トップクラスのフィジカルがあります。


しかし、ここまで大きな活躍がなく、あまり目立てていないのは、何かが足りないからです。

それは技術かもしれませんが、もっと大事なものが欠けています。


それが自己独創性オリジナリティ飢餓ハングリー状態です。

國神が求めてやまないもの、それをがむしゃらに追いかけている状態が必要なのです。


國神は、カイザーや糸師凛と違って、潔に対するライバル心がそこまで強くありません。

かといって、チームに貢献したいとか、誰かと協力して攻めるといったような協調性もなくなっています。


このままこの状態を続けていても、彼がチャンスをつかむことは出来ないでしょう。

なので、この試合で大きく変えていく必要があります。


そこで大事になってくるのが自己独創性なんですが、彼の自己独創性はやはり世界一のストライカーを目指している時に発揮されるはずなのです。


そして、世界一のストライカーであるノエルノアは、3分間だけ出場することが出来ます。
つまり國神は、ノアと一緒にプレーすることで技術も盗めるし、モチベーションもアップさせることが出来ると予想できるのです。


國神が覚醒すれば、大幅な戦力アップが期待できますね!

イガグリの出場タイミング。


ネオエゴイストリーグの勝者が決まる試合に、いよいよ出場できそうなイガグリ。

彼の役割は、相手の攻撃を断ち切って、自分たちのボールにすることが出来る様、ファウルをもらうことです。


しかし、長く出場させてもらえるほどの結果を残せていないので、出場するチャンスは多くありません。

なので大前提は、後半に2-2の同点の場面か、あるいは1-2の劣勢の状況になっている時にスポット的な起用になりそう。


タイミングは、ノアと交代するときだと思われます。

ノアが出場することで覚醒するであろう國神の勢いをそのままに、イガグリがパリエクスジェンにトドメを刺す展開がアツそうです!

ドイツはカイザーが弱点⁉


249話で一番驚かされたのは、糸師凛のスーパープレイではなくこれでした。

「ミヒャエル・凡ザー様」(笑)


それが許されるなら何でもアリですよね。(笑)

それはともかく、まさかカイザーを“凡”呼ばわりするとは、烏旅人からすたびともなかなか言いますね。


年俸ランキング1位で3億2000間万が提示されているカイザーを格下扱いですからね。

でも、あながち口だけではないのかもしれません。


ここ最近のカイザーは、おこぼれをもらうような展開しか見せていませんし、自分らしいプレーがどんどん減っています。

そんな中、旅人自身も成長しているでしょうし、圧倒的な才能をみせる糸師凛や士道龍聖を間近に見ているので、当然といえば当然なのかも。


彼の観察眼は侮れませんし、弱点を突くスタイルが変わっていなければ、カイザーが狙われるのかもしれませんね。


スポンサーリンク

今後の展開予想。


ミヒャエル・凡ザーは笑えますね♪

あと、時光ときみつの「あ、追いついちゃいますぅ」もだいぶ煽ってました♪(笑)


でも逆に、カイザーのプライドをズタズタにしてくれた方が、かえってカイザーの覚醒を促してくれるのかもしれませんね。


スポンサーリンク

ブルーロックのネタばれ考察と感想のまとめ!

232話233話234話235話236話
237話238話239話240話241話
242話243話244話245話246話
247話248話249話250話



▼▼よかったらポチっと押してください▼▼

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました