【呪術廻戦】禪院家壊滅、、、152話のネタバレと感想

呪術廻戦 152話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

呪術廻戦:152話 葦を啣む~跋~のネタバレ

母親に質問する真希


真希が直哉をボコった後から。


この状況で台所で料理を作っている母親、もう精神が普通ではないと思われる。


その母親に真希が近づいていくが「来ないで!」と強く拒絶される。


真希はどうやら聞きたいことがあるようだ。


「あの時なんで”戻れ”って言ったの?」


母親に問いかける真希。


148話のところですね。


母親「………?……⁇何の話?」


質問の意味も分からず真希に怯える母親。


真希は何も言わず母親にゆっくりと近づく。


母親は「いやだ」と連呼しているが次の瞬間――


「い‘‘っ―――」


鮮血が噴き出している…


夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

直哉は生きていた!


あちこちに死体が転がり、禪院家はすでに壊滅的な状態だ。


そんな中、真希にボコボコにされた直哉は生きていた。


「フーッ、フーッ、フーッ」


這いずりながら出てきたようだ。


ドタタ


襖にもたれるように倒れる直哉。かなりのダメージを負っているようだ。


「…クックックッ、ツメが甘いんじゃクソアマぁ…‼」

血だらけでも口が悪い。


その時――

産んで……良かった……


ギィ ギィ


直哉に近づいてくる不気味な足音。


真希の母親だ。


首から血を流し、手には包丁を携えている。


思う様に動くことが出来ない直哉が苦しんでいる。


それもそのはず、直哉に向かって真希の母親が倒れ込むように包丁を突き刺すしていた‼


直哉「ドブカス……がぁ‼」


今際の際まで口が悪い。


母親「あ‘‘ぁ……産んで……良かった……」


うつろな目をした真希の母親。


その脳裏には幼い真希と真依がお花畑で楽しそうに遊ぶ光景が浮かんでいた。

真希と真依がまだ幼いころは良かったんですかね。


西宮桃に真依を託す


真依の遺体を担いで禪院家を後にする真希。


そこへ西宮桃が駆け寄る。どうやら真依が心配で来たようだ。


だがすぐに真希の表情から悪い予感が当たってしまったことを理解する。


桃「だから私は……行くなって……‼」


崩れ落ちる西宮桃のそばに真希は真依の遺体を置く。


真希「…後、頼む」


桃「これからどうするの真希ちゃん」


その問いかけにも答えず、その場を立ち去る真希であった――




その日 禪院家に不在だった”へい”6名”

躯倶留隊くくるたい“21名が間もなく非業の死を遂げる


現場に残穢ざんえは確認されず遺体の傷口からは

凶器の呪具のもと見られる呪力が微かに検出された


後日 五条家および加茂家から呪術総監部に対し

禪院家の御三家除名が提議され 総監はこれを保留としている




ー次回へ続くー


スポンサーリンク

呪術廻戦の最新刊やアニメ、小説まで見られるサイトとは?


U-NEXTならいつでも好きな時に呪術廻戦が見られます。

最新刊はもちろんアニメや漫画では描かれない小説まで見られるのでおススメです!



スポンサーリンク

振り返り


ついに禪院家が壊滅しましたね。
徹底的にするあたりが真依の“全部壊して”という思い(呪い?)が強く出ていました。


真希の「あの時なんで”戻れ”って言ったの?」の質問はおそらく忌庫へ向かう時の事でしょう。
”禪院家のしきたりだから”なのか”扇が待ち構えているから”なのかはっきりさせたかったんだと思います。


ですが母親は答えることが出来ませんでした。”なぜそんなことを聞くのか?”とも”言った記憶がない”とも取れますよね。


あの状況で料理を作っている母親ですからすでに心が壊れていて、2重人格や誰かに操られていたのかも⁉


そう考えると”産んで良かった”というのは禪院家の壊滅は母親の願いでもあったのかもしれませんね。謎は深まるばかりです。


とにかく真希エピソードが終わったので死滅回遊の進展がありそうですが芥見先生の体調不良により1か月ほど休載されるそうです。


おそらく相当な激務でしょうからゆっくり休んで元気になってもらいたいですね。



【呪術廻戦】ネタバレと感想

148話149話150話151話152話
153話154話155話156話157話
158話159話160話161話162話
163話164話165話166話167話
168話169話



コメント

タイトルとURLをコピーしました