【キングダム】689話のネタばれと感想 ー最大の娯楽ー


キングダム:689話のネタばれと感想です。




よく知らないって人は、まず観るか読んでくださいね!

無料トライアルでアニメもマンガも楽しめますよ♪

直接読んだ方が早いと思った人もこちら▼▼

U-NEXT

U-NEXT



スポンサーリンク

キングダム:689話のネタばれ

前回のあらすじ


久しぶりに剣を使っている李信。


トリッキーな動きをする岳白公を徐々に捉えだした。


王騎の矛を扱えるようにするために筋力が強化され、剣技にも活かされている。


後軍も迫っている中、一騎打ちの決着がつくのか…



押される李信


剣に持ち替えてやっと捉え始めた李信だったが、同じく剣に持ち替えた岳白公に苦戦し始めた。


矛を使っていた時とは違い残像を斬るようなことはないが、すべての攻撃が剣で受け止められている。


そして剣で受け止められては蹴り技で反撃されてしまう…


さらに一騎打ちかと思われていた戦いに趙軍の騎兵が割り込んでくる。


我呂が率いる飛信隊の騎兵も奮闘するが、岳白公の騎兵が強すぎて李信の援護をできずにいた。


見かねた崇原ら歩兵が援護に向かうも同じく騎兵に阻まれてしまう。


岳白公のもとにたどり着いてもいいようにやられている…



戦争が快楽!?


ついに自ら突撃する決意をする崇原。


しかし李信が静止する。


李信「お前にまで死なれちゃこの先隊がやっていけねェ」

崇原「その前にお前が今死ねば飛信隊はここで終わるんだぞ」

李信「だから援護に回って助けろ。あとは俺がこいつをぶった斬る」


そのやりとりを見ていた岳白公が冷静に喋りだす。


岳白公「戦場での〝結束〟〝友情〟そういう〝快楽〟があるからこそ隊は成長する」


人間にとって戦争こそが最大の娯楽である〝快楽〟だという。


岳白公「特に力のある者にとっては侵略戦争はたまらないでしょう?」


しかし岳白公は、その快楽に浸りきった者の息の根を止めることこそ最上の快楽と断言する。



岳白公は能天気?


人のことを侵略者という割に岳白公から怒りを感じないという李信。


李信「俺達が侵略者っつーのは否定しねェよ、正にその通りだ」

李信「だがお前みたいに能天気には戦ってねェよ」


私のことを能天気と思うのは李信がまだ若いからだという岳白公。


扈輒将軍や岳白公は李信がまだ見ていない景色を見てきて、戦争の〝狂喜〟〝痛み〟〝快楽〟も人の〝営み〟と受け入れた。


岳白公「人の世はただ、あるがままに」


それじゃ何も変わらないと戦闘を再開する李信。


しかし趙軍の騎兵に背後から攻撃されてしまう!


我呂も必死に援護に回るがなかなか近づくことが出来ないでいた。



結局のところ正しいのはどっち?


劣勢を覆すことが出来ないでいる李信。


相変わらず剣は受け止められ、体術で反撃される展開が続く。


意識の高い侵略者でもバカな侵略者でも、殺される側は同じだという岳白公。


岳白公「だったら深く考えるだけ時間のムダですよ」

李信「うるせェ、そこを考えねェから能天気だっつってんだ」


お互いに主張を譲らない。


岳白公「こういう場合どちらが正しいのかの決め方を知っていますか?」

李信「勝った方に決まってる」



ついに活路を見出した李信


激しくやり合うがやはり李信の劣勢は変わらない。


剣に持ち替えた岳白公は、剣を守りに徹することで絶対防御として、そこから拳闘術で反撃するスタイル。


そのためまともにやり合うには同等の体術が必要である。


しかしそんな体術を持ち合わせていない李信は考える…


何かを思いついた李信は、尾平にアイコンタクトを送る。


岳白公に向けて突撃する李信。


剣での攻撃は受け止められるが、反撃の蹴りも剣で受け止めることに成功する!


李信「尾平!」


呼ばれた尾平は預かっていた王騎の矛を李信に投げ渡した!


キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


ネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も210,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

U-NEXT

U-NEXT



「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

キングダム:689話の感想


今回はなかなか進展しませんでしたね。


急に出てきた武将なのにかなりの強敵な岳白公ですが、なによりクセが強い(笑)


ただ最後に受け止めた剣で岳白公の足を斬ることに成功しているので、次回こそは決着がつきそうな予感。


尾平に投げさせた王騎の矛をどう使うのかが楽しみですね。


ただそろそろ他の戦場も気になるところです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました