【キングダム】687話のネタばれと感想 ー痛みー


キングダム:687話のネタばれと感想です。



よく知らないって人は、まず観るか読んでくださいね!

無料トライアルでアニメもマンガも楽しめますよ♪

直接読んだ方が早いと思った人もこちら▼▼

U-NEXT


スポンサーリンク

キングダム:687話のネタばれ

前回のあらすじ


前回はほぼ拷問のシーンでえぐい描写が多かったですね。


もうダメそうに見えるけど、ここから雷土は巻き返せるのか、それとも桓騎が何かしてくるのか…


それに佳境に入った飛信隊の影丘の攻略はどうなるのか、岳白公の実力はいかに…



次々と敗走している桓騎軍


雷土が捕らえられ総崩れになった秦軍右翼。


新しく龍白公となった竜布が、逃げ惑う雷土兵を容赦なくどこまでも追いかける。


一方の中央でも、分断された黒桜軍と厘玉軍がそれぞれ敗走していた。


趙将の虎白公にそれぞれ狙われ、将である黒桜と厘玉も危機に陥る。


全体図でみると影丘以外はすべて敗走の模様…


雷土の表記だけがグレーなのはもう完全にダメということなのか。



万全を期す趙軍総大将である扈輒


場面変わり、扈輒軍本陣。


部下の夏満が扈輒の元に定時報告にきていた。


趙軍左翼、中央軍ともに撃破に成功しさらに追い討ちをかけていて、桓騎軍は脱走者が山ほどでており立て直しはもはやありえないとのこと。


扈輒将軍は、さらに追撃を許すが中央の虎白には三千の兵は留めるよう伝えよと命じる。


夏満「岳白公の右翼ですか?」

扈輒「万が一もし何かあるとしたら右だけだ」


影丘が抜かれることはないと思うが、万が一に備えておけということのようだ。


雷土はまだ拷問中のようで何も喋っていないらしい…


扈輒「だがあそこまで固く口を閉ざすとなるといよいよ何かある」

扈輒「一つだけ引っかかるのは〝王翦〟の存在だ」


もし王翦から援軍が来るようなことがあれば事態は急変すると扈輒将軍。


しかし来る確率も限りなく低いが、予想外のことをするのが桓騎だから警戒は必要なので、すでに見張りを増やしてあるとのこと。


心配になった夏満は、虎伯公に三千ではなく五千置いておくよう伝えて、左翼の龍白公こと竜布にも中央寄りにするよう指示をだすと進言し扈輒将軍も了承。


誰よりも〝痛み〟を抱きかかえた扈輒と戦い歩んできた軍に、痛みを武器とする桓騎軍は通用しないと夏満。



生きていた関常


場面変わり、秦軍左翼である飛信隊の戦場である影丘。


崖上を攻略し、敵将である岳白公と一騎打ちをしている李信だが苦戦していた。


その時、番陽と河了貂のところに関常が現れた!


王賁から敵を引きはがすために囮になっていてずっと追われていたらしい。


かなり満身創痍の様子だが、玉鳳隊の生き残りを数百は引き連れて戻ったとのこと。


関常「玉鳳はまだ終わってねェ!」

関常「若は無事だと聞いたぞ」

番陽「ああ無事じゃ」

関常「なら行くぞ」


参戦しようとする関常に羌瘣隊に援護に行くよう指示を出す河了貂。


敵につかまり崖上にあがることが出来ないでいる羌瘣を助ける狙いだ。


関常「お前らの強軍を行かせりゃいいんだな」

関常「任せろ、それくらいなら出来る」


岳白軍の後軍がいるはずだから、李信は早々に決着をつけないといけないと河了貂。



なんと「あの人」の出番が!


一方李信と岳白公はお互い下馬した状態で、一騎打ちをしていたが膠着していた。


しかし崇原から見ると李信の攻撃だけ当たっていないようだ。


力んだ李信の攻撃をかわし的確に反撃する岳白公。


巨体からの怪力が武器ではなく、なにやら妙な体術を使っているようだと羌礼が言っていたと田永


李信「なるほど、そうか…」

李信「尾平っ、ちょっと来い!」

尾平「へ!?お、俺?」

昂「!?」


なにかに気付いた李信が読んだのはまさかの「百人将の尾平」(笑)



キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


ネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も210,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

U-NEXT


「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪


スポンサーリンク

感想


辛うじて生きているような感じの雷土でしたが、救出はもう無理かもしれませんね。


それにしても桓騎は一体何をしてくるのか?


左翼以外はほぼ敗走している状態で起死回生の策でもあるのでしょうか?


一方の左翼は押し込んではいるが、岳白公に苦戦している李信。


まさかの尾平を呼びましたが、この人が絡むとシリアス展開にはならなさそう…


どうなるのかまったく見当がつきませんが次回が楽しみで仕方がありませんね♪



前回「686話」 : 次回「688話」

コメント

タイトルとURLをコピーしました