【キングダム】686話のネタばれと感想 ー桓騎の狙いー



キングダム:686話のネタばれと感想です。



よく知らないって人は、まず観るか読んでくださいね!

無料トライアルでアニメもマンガも楽しめますよ♪

直接読んだ方が早いと思った人もこちら▼▼

U-NEXT



スポンサーリンク

キングダム:686話のネタばれ

前回のあらすじ


ついに影丘を攻略し大将同士の戦いとなった左翼の飛信隊。


巨体の将軍岳白公の強さとはどの程度なのか…


趙からみたら侵略者そのものの秦軍に対し、むき出しな敵意を信に向けている。


一方捕らえられた雷土は趙軍本陣に連行されていた!



趙軍本陣の扈輒将軍の前に連行された雷土


趙軍左翼の将である龍白の子を弄んでから殺し、エサとして龍白を誘い出して殺したことに間違いはないかと問う扈輒将軍。


雷土「ああ、何か悪いか?」

雷土「あの親子がバカだっただけだ」

特に悪びれもせず開き直る雷土。


戦友でもあった龍白公は家族も同然で、龍白の長男である竜布の苦しみもわかるが、軍人としては優秀だと雷土を褒める扈輒将軍。



褒めて終わるはずもなく…


扈輒「配下たちの手前、お前達を無傷で赦すわけにはいかぬ」

扈輒「指をもらう、どっちの指がよいか選べ」

ためらわず〝左〟と答える雷土。


雷土の部下たちの分を含め、左手の指を一本一本と斬り落とされていく。


悲鳴をあげる部下たちに対して、声も出さずひたすら耐える雷土。

左手の指がすべて斬り落とされやっと終わったと思ったが…


終わらない拷問


扈輒「次は黒洋での民の虐殺についての償いをしてもらう」

扈輒「まずは腕ごと斬り落とす、左右どちらがよいか選べ」

やはり終わるわけがなかった拷問…


日も暮れてきたが、拷問は終わる気配がない!


片腕を斬り落とされた後は、全身に切り傷とくぎを打たれ、足の爪は剥がされている。


部下はさらに両腕を斬り落とされ、一人は目玉も飛び出て瀕死の状態!


もう一人は腹を裂かれ臓物が飛び出しているし、顔に釘をたくさん打たれ虫の息も者もいる。

キングダムあるあるだけど毎回えぐい…


扈輒の思惑とは


雷土「この変態野郎が、やるならさっさとやれ」

拷問に対しそろそろ限界の様子な雷土。


これで最後にしてやると扈輒将軍が雷土に歩み寄る。


扈輒「最後に一つだけ教えよ」
扈輒「桓騎は何を狙っている?」


この質問をするために雷土だけ拷問を軽くしていた。


雷土の部下はもう助からないが、まだ雷土本人だけは命は助かると扈輒将軍。


そして雷土は何も言わないが表情を見て、やはり何かあると悟る。



雷土は口を割るのか


雷土に対しさらに優しく語りかける扈輒将軍。


桓騎は頭がキレると聞いていたが、今回はあからさまに無謀な戦いをしている。


案の定、敗戦続きだが当然すぎるこの結果が逆に引っかっている。


しかし雷土が喋っても喋らなくても、もはや戦局は変わらないところまできている。


どちらにせよ桓騎はこの戦いで死ぬし、部下ももう何も聞こえていないし助からない。


お前が喋って起こる人間はいないから「恥じずに生きる方を選べ」とそそのかす扈輒将軍。



雷土の返答は…


桓騎軍は野盗の集まりで、誇りもなければ忠義もないし裏切りも日常茶飯事だった。


雷土「もし桓騎が今ここに居たらさっさと言えと大笑いする、あいつはそんなやつだ」

雷土「だから絶対にお前には何も教えてやらねェよ扈輒」

ついに覚悟を決める雷土。


今まで砂鬼一家を見てきたから、こんな拷問こわくないと強がっている。


死の間際になって「お頭こと桓騎のことが少し分かったような気がする」と雷土。


扈輒将軍もまだあきらめておらず、さらに拷問をして死ぬまでに吐かせると意気込む。


雷土「もう一回だけお頭と喋りたかったなー」


まだ戦闘中の中央軍の黒桜と摩論が何かを感じて空を見上げる…



ー次号へ続くー


スポンサーリンク

キングダムのマンガを、無料で読む方法がある!?


ネタばれを読んで「マンガで読みたい」と思ったあなたに朗報です!


U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる特典ポイントで、「キングダム」が掲載された最新の週刊ヤングジャンプやコミックス最新刊が無料で読めますよ!

登録はこちら▼▼

U-NEXT



さらにアニメや映画などの動画も210,000本以上が見放題!

動画もマンガもU-NEXTひとつでOK。


登録はこちら▼▼

U-NEXT


「キングダム」のアニメも全話無料で見えちゃいます!


解約はいつでもOKなので、気に入ったらぜひ続けてくださいね♪



スポンサーリンク

感想


今回の描写は結構きつい場面が多かったですね。


極悪非道の雷土がついに最後を迎えるのか…


すでに片腕がなく瀕死の状態なのでここからの挽回は考えずらいです。

一体桓騎は何を考えているのか?


秦軍の左翼と右翼がクライマックスを迎えそうですが、中央軍の場面になりそうな予感…


まあ次回も期待して待つとしましょー!



前回「685話」 : 次回「687話」

コメント

タイトルとURLをコピーしました